Araújo Viannaのページ

Araújo Viannaについて

 José de Araújo Vianna(ジョゼ・ジ・アラウージョ・ヴィアナ)は1871年2月10日、ブラジル南部にあるリオグランデ・ド・スル州の州都ポルト・アレグレに生まれた。

 7歳から兄にピアノを習い、10歳より地元の教師に師事してピアノの勉強を続けた。

 1893年にミラノ王立音楽院(現ミラノ「ジュゼッペ・ヴェルディ」音楽院)に留学し、和声や作曲を学んだ。1895年にブラジルに帰国後は、ピアニストや指揮者として活躍。1897年にクラブ・ハイドンを設立した。作曲家としても、1901年にオペラ "Carmela" を完成し、翌1902年にポルト・アレグレで初演された。

 1903年頃にミラノを再訪問、当地でハープ奏者のMedea Ferreaと結婚した。1906年にはオペラ "Carmela" はリオデジャネイロで上演され、成功したとのこと。また同年、リオデジャネイロのInstituto Nacional de Músicaは、アラウージョ・ヴィアナの作品のみによる演奏会を催した。1908年にはポルト・アレグレ音楽院の院長に就任した。この頃からアラウージョ・ヴィアナの身体には筋力低下症状があったらしく、筋萎縮性側索硬化症を発症していたと思われる。1909年にはパリに渡って当地の神経病学の権威であるババンスキー(バビンスキー)医師の診察を受けたが、有効な治療はなかったらしい。

 1916年11月2日、リオデジャネイロで没した。

 アラウージョ・ヴィアナは2作のオペラ - "Carmela" (1901)、"Rei Galaor" (1913) - を作曲した。また弦楽四重奏のための "Suíte"、いくつかの歌曲も作っている。彼のピアノ曲はヨーロッパロマン派の流れを汲むような、なかなかの佳作揃いである。但し、ブラジル風味は全く見られません。

 

Araújo Viannaのピアノ曲リストとその解説

 

Araújo Viannaのピアノ曲楽譜

Irmãos Vitale

Mangione, Filhos & Cia Ltda.

  • Hespanha!, Op. 17 nº 3

 

Araújo Viannaのピアノ曲LP・CD

星の数は、は是非お薦めのCD、は興味を持たれた人にはお薦めのCD、はどうしてもという人にお薦めのCDです。

ARAÚJO VIANNA por Olinda Allessandrini e Adriana de Almeida

Obras para Piano

  • Estudo de Concerto
  • Gavota
  • Giga, opus 19
  • Prelúdio
  • Presto
  • Improptu, opus 3
  • Rêverie, opus 17 nº 1
  • Dança, opus 17 nº 2
  • Espanha!, opus 17 nº 3
  • Marcha Humorística, opus 17 nº 4
  • Festa Napolitana, opus 17 nº 5

Obras para Voz e Piano

  • Amor
  • Maria
  • Prière au Printemps
  • Sur l'Eau
  • Je t'aime Ninon
  • L'Amour au Printemps
  • Primi Palpiti, opus 45
  • Ai mai pensato?
  • Ninna-Nanna, opus 12
  • Romanza del dolore, opus 18
  • Un Organetto...
  • Ave Maria

Olinda Allessandrini (pf), Adriana de Almeida (voz)

 

A Música de Porto Alegre - Música Erudita - Vol. I
Prefeitura de Porto Alegre

Carla Maffioletti (voz), Elda Pires (pf), Marcello Cazarré (pf), Maly Weissemblum (pf), Marcelo Guerchfeld (violino), Anne Schneider (órgão), Olinda Allessandrini (pf), Adriana de Almeida (voz), Celso Loureiro Chaves (pf), Armando Albuquerque (pf), Cristina Gerling (pf)

 

Coletânea Piano Brasileiro, Volume 7 - Alma Gaúcha
Biscoito Fino, BC 208

  • Negaceando (Radamés Gnattali)
  • Alma Brasileira (Radamés Gnattali)
  • Canhoto (Choro) (Radamés Gnattali)
  • Por que? (Radamés Gnattali)
  • Caprichosa (Valsa) (Radamés Gnattali)
  • Vaidosa (Valsa) (Radamés Gnattali)
  • Suite Brasiliana no. IV (Radamés Gnattali)
  • Dez Valsas para Piano (Radamés Gnattali)
  • Improviso (Araújo Vianna)
  • Rèverie (Araújo Vianna)
  • Presto (Araújo Vianna)
  • Chorinho (Paulo Guedes)
  • Pastoral (Natho Henn)
  • Tapera (Natho Henn)
  • Rolinha (Natho Henn)
  • Grande Fantasia Triunfal Sobre o Hino Nacional Brasileiro (L.M. Gottschalk)

Miguel Proença (pf)