Modesta Borのページ

Modesta Borについて

 Modesta Bor(モデスタ・ボー)は1926年6月15日、ベネズエラ北部のマルガリータ島Juan Griegoに生まれた。彼女の父親はギターやクアトロ(ギターに似た4弦の楽器)が弾け、また叔父はベネズエラ交響楽団のヴァイオリニストであった。彼女は子どもの頃からギターとクアトロを弾き、14歳からピアノを習った。1942年には首都カラカスに出て、José Ángel Lamas高等音楽院でピアノ・和声・作曲・管弦楽法などをJuan Bautista PlazaやVicente Emilio Sojoに師事して本格的に学んだ。また1948年から1951年までは国立民族学研究所で働いた。

 1951年、モデスタ・ボーの体にギラン・バレー症候群と思われる四肢麻痺が現れ、約三年間の苦しい療養生活が続いた。これにより彼女はコンサートピアニストとしての活動を断念せざるをえなかったが、Sojoの勧めで混声合唱曲 "Balada de la luna, luna" (1953) を作曲し、この後は作曲家および音楽学者として活動していく。1953年にはDomingo Sánchezと結婚し、3人の子をもうけた。

 ベネズエラ共産党の支持者であったモデスタ・ボーは、1960年に国際共産青年同盟の大会(開催国不詳)または国際女性デー(コペンハーゲン)出席のためヨーロッパに渡った。大会後にはモスクワを訪れ、アラム・ハチャトゥリアンに会った。ハチャトゥリアンは彼女が作曲したヴィオラソナタを見て感銘し、ソ連政府の奨学金でモデスタ・ボーはモスクワ音楽院で学ぶこととなった。夫と3人の子をベネズエラに残しての留学であったが、ハチャトゥリアンに作曲を師事するなどして、1962年にモスクワ音楽院を卒業した。

 モデスタ・ボーがベネズエラに帰国した1962年はキューバ革命直後であり、それに影響を受けたベネズエラ共産党は急進的になる一方、反共産主義のベネズエラ政権は共産党を非合法化していた。彼女は監視対象となり、また私生活でも離婚してしまった。1963年にはベネズエラ北東部のアンソアテギ州Lecheríasに転居し、地元の大学附属の少年少女合唱団の指揮をしていた。

 1964年にカラカスに戻ると、Fernando Rodríguezと再婚し、一児をもうけた。かつての彼女の師であったVicente Emilio Sojoは政権党である民主行動党党員で、また当時の大統領ロムロ・ベタンクールとも知り合いであった。Sojoのとりなしで1965年、ボーはカラカスのJuan Manuel Olivares音楽学校の少年少女合唱団の指揮者の職に就き、1979年まで務めた。この時期に彼女は多くのベネズエラ民謡を合唱曲に編曲した。1966年には女声合唱団 "Arpegio" を結成して、自らが合唱用に編曲したベネズエラ民謡を録音した。1973年にはJosé Lorenzo Llamozas音楽学校の教授に就任、1974年にはベネズエラ中央大学音楽学部長に就任した。1980年代にはキューバを3度訪れていて、1986年にハバナで開かれた「第2回国際現代音楽祭」では、彼女の作曲したピアノ協奏曲が演奏され、また混声合唱のための "Son Venezolano" がキューバ国家賞を受賞した。

 1990年にカラカスでの役職を辞し、ベネズエラ西部のメリダに転居。当地のロス・アンデス大学で作曲や合唱を指導し、合唱曲などを作曲した。1991年にはベネズエラ文化庁より音楽国家賞を授与された。

 1998年4月8日、メリダで亡くなった。

 モデスタ・ボーの作品の中心は合唱曲で、数十曲のオリジナルの合唱曲、二百曲以上のベネズエラ民謡の合唱編曲がある。また、ヴィオラソナタ (1960)、チェロとピアノのための組曲 (1961)、ヴァイオリンソナタ (1962)、管弦楽のための序曲 (1962)、金管五重奏のための組曲 (1967)、交響詩 "Genocidio" (1970)、弦楽四重奏のための "Imitación Serial" (1974)、ピアノ協奏曲 (1982-83)、弦楽オーケストラのための "Acuarelas" (1986)、宗教曲ではカンカータを3曲作っていて、そのうちの1曲は「カンカータ・ヒロシマ」という題名である。

 

Modesta Borのピアノ曲リストとその解説

作曲年代不詳(これらの作品は1954年以前の初期のものと思われます)

1954

1960

1961

1973-74

1978-80

1986

1988-89

 

Modesta Borのピアノ曲楽譜

Fondo Editorial de Humanidades y Educación / Universidad Central de Venezuela / Yamaha musical de Venezuela

  • Clásicos de la literatura pianística venezolana.Vol. 2, Obras completas para piano de Modesta Bor
    • Preludio
    • Sonatina
    • Juangriego
    • Valse para piano
    • Pequeña danza para piano
    • Suite criolla
    • Tres piezas infantiles
    • Suite infantil
    • Cuatro fugas
    • Sarcasmos
    • Redoblante
    • Variaciones para piano

 

Modesta Borのピアノ曲CD

星の数は、は是非お薦めのCD、は興味を持たれた人にはお薦めのCD、 はどうしてもという人にお薦めのCDです。

Music of Modesta Bor
TON 4 Records

Vladimir Prado (pf)

 

Clara Rodríguez - Venezuela
Nimbus alliance, NI 6122

Clara Rodríguez (pf)

 2010年の録音。

 

Venezuela
Empresa Becoblohm

Clara Marcano (pf)

 

América del Sur, Color y Ritmo
AVR, CD 2007

  • Tres danzas Argentinas (Alberto Ginastera)
  • Reverie (O. Lorenzo Fernández)
  • Dansa negra (M. Camargo Guarnieri)
  • Momento II (VII Momentos) (Almeido Prado)
  • Canción triste (Enrique Soro)
  • Intermezzo No. 4 (Luis Alberto Calvo)
  • Suite breve (Luis Carlos Figueora)
  • Preludio No. 1 (Germán Borda)
  • Preludio II (Seis Preludios Incaicos) (Pablo Chávez Aguilar)
  • No. 4 Llaki Triste (Bosquejos Peruanos) (C. Levi de Stubbs)
  • La fuente (Moisés Moleiro)
  • Noche de luna en Altamira (María Luisa Escobar)
  • Suite criolla (Modesta Bor)
  • Secuencias mestizas (Beatriz Bilbao)

Rose Marie Sader (pf)

 

Modesta Borに関する参考文献