Carlos del Castilloのページ

Carlos del Castilloについて

 Carlos del Castillo Díez de Urdanivia(カルロス・デル・カスティージョ・ディエス・デ・ウルダニビア)は1882年9月13日、メキシコシティで生まれた。幼い頃よりピアノを習い、やがてメキシコ国立音楽院で学んだ。1900年には奨学金を得てヨーロッパに留学し、ブリュッセルおよびライプツィヒでアルフレッド・ライゼナウアーらに師事して勉強を続けた。1904年にはヨーロッパや米国ニューヨークで演奏会を催している。

 メキシコに帰国すると、1905年に国立音楽院ピアノ教授に就任し、更に1923年から1928年まで同院院長を務めた。彼はヨハン・ゼバスティアン・バッハの作品のメキシコでの普及に努め、1907年にメキシコシティにバッハアカデミーという団体を設立している。

 1957年6月4日にメキシコシティで亡くなった。

 カルロス・デル・カスティージョの作品には、孫のMaría Luisa Rasgadoの結婚式のために作曲した合唱とオルガン、弦楽オーケストラのための "Ave María" (1949) があるらしいが、後は全てピアノ曲である。彼のピアノ曲は全てサロン風の小品ばかりだが、メキシコ風味が漂ってくるような曲だったり、心温まるような曲だったりと、肩肘張らずに聴ける分かりやすい曲ばかりで私は大好きです。

 

Carlos del Castilloのピアノ曲リストとその解説

 斜字は出版もされず、手稿譜も現存していない(要は存在が現在確認できない)作品です。

 

Carlos del Castilloのピアノ曲楽譜

Casa Alemana de Música, S.A.

Wagner y Levien

斜字は絶版と思われる楽譜

 

Carlos del Castilloのピアノ曲CD

星の数は、は是非お薦めのCD、は興味を持たれた人にはお薦めのCD、はどうしてもという人にお薦めのCDです。

Evocación y Presente
BMG, RCA Victor

Gustavo Morales (pf)

 1997年の録音。グスタボ・モラレス (1952-2006) はメキシコの作曲家・ピアニスト。

 

100 años de música mexicana para piano
Quindecim Recordings, QP 114

  • Estudio de concierto No. 1, Op. 20 (Ricardo Castro)
  • Intermezzo (Alfonso de Elías)
  • Estudio de concierto No. 2, Op. 20 (Ricardo Castro)
  • Allegro (Silvestre Revueltas)
  • Margarita (Silvestre Revueltas)
  • Canción (Silvestre Revueltas)
  • Toccata (Leonardo Velázquez)
  • Muros verdes (José Pablo Moncayo)
  • Veracuruzana (Carlos Del Castillo)
  • Danza para mano izquierda (Carlos Del Castillo)
  • Sonata (José Juan Hernández)
  • Preludio V (Jorge González Ávila)
  • Sonata II (Federico Ibarra)
  • Valse Caprice, "Sobre la Olas" (José Rolón)
  • Días de Mar y Río (Arturo Márquez)

Jean Baptiste Müller (pf)

 2003年の録音。