Ricardo Castilloについて

 Ricardo Castillo Carrera(リカルド・カスティージョ・カレーラ)は1891年(1894年とする資料もあり)10月1日、グアテマラ南西部の町ケサルテナンゴに生まれた。兄のJesús Castillo (1877-1946) も民俗音楽研究に力を入れた作曲家である。

 1912年よりカスティージョはパリに留学。始めヴァイオリンを学び、後にはPaul Vidalに和声を師事した。また当時有名なピアニストGeorgette Contoux(たぶんフランス人なのかな~)と1918年に結婚していて、いくつかのカスティージョの初期のピアノ曲は妻Georgetteによりパリで初演されている。

 1922年(または1924年)、妻を連れてグアテマラに戻ったカスティージョはグアテマラ国立音楽院の和声と作曲の教授に就任。民族主義者として数々の作品を作曲するとともに、音楽院で多くの生徒を育てた。

 カスティージョは1966年5月27日、グアテマラシティで亡くなった。

 カスティージョの作品には管弦楽曲が多い。交響的楽章"Guatemala" (1934 - 同名のピアノ曲よりの編曲)、交響詩"Xibalbá" (1944)、"Sinfonietta" (1945)、"Quiché Achí" (1947)、"Instantaneas plásticas" (1963)、"Abstracción" (1965)など。彼はバレー音楽にも力を入れ、"La Doncella Ixquic" (1941)、"Estelas de Tikal" (1945)、"Paal Kaba" (1951)を作曲した。室内楽曲も若干ある。

 カスティージョのピアノ曲は、彼の作曲家としての作風の変化がうかがえ興味深い。フランス留学中はショパンやシューマンの影響を受け、ちょっとフランス風味がかったロマンティックな作品から、ドビュッシーやラヴェルの影響を受けながらも彼独自の芽が現れつつある作品が聴ける。そして1936年以降、"Guatemala"、"San Andrés Xecul" のような民族主義的作品や"Suite en RE"、"Un Petit Rien"のような新古典主義のピアノ曲を作り、1949年の"Ocho preludios para piano"以降は段々無調主義の傾向となっていく。私個人的には、やはり民族主義的作品が一番好きです。数こそ少ないが"Guatemala"と"San Andrés Xecul"は他のどの作曲家にもない、グアテマラ音楽とカスティージョ独自の個性を上手に結合させた傑作だと思います。

 

Ricardo Castilloのページへ戻る