Dinorá de Carvalhoのページ

Dinorá de Carvalhoについて

 Dinorá Gontijo de Carvalho(ヂノラ・ゴンティージョ・ヂ・カルヴァーリョ、DinoráはDinorahと綴ることもある)は1895年6月1日に、ミナスジェライス州ウベラーバ (Uberaba) に生まれた。子どもの頃から、音楽好きの父に勧められてピアノを習った。1904年に父が亡くなると一家はサンパウロに転居。サンパウロ演劇音楽院に入学しピアノの勉強を続け、1912年のリサイタルでは自作曲も弾いている。1916年には音楽院を卒業し、ピアニストとして活動した。その後ミナスジェライス州より奨学金を得て、1921年から1924年ごろまでパリに留学し、ピアニストのイシドール・フィリップに師事した。

 1930年代はサンパウロ女性オーケストラの指揮者として活躍した。またヂノラ・ヂ・カルヴァーリョの作品 "Sertaneja" を聴いたマリオ・ジ・アンドラージ(1893-1945、詩人、民俗学者、音楽評論家)は彼女の才能に感激し、イタリア出身で当時ブラジルに住んでいた作曲家のLamberto Baldiを紹介し、ヂノラ・ヂ・カルヴァーリョはLamberto Baldi作曲を師事した。1938年にはJosé Joaquim Bittencourt Muricyと結婚。1940年代以降はピアノ教師として多くの生徒を育てた。

 彼女はブラジル音楽アカデミーの初めての女性会員に選ばれている。

 1960年5月には作曲家ソウザ・リマの指揮で、「フェスティバル・ヂノラ・ヂ・カルヴァーリョ」と銘打った演奏会が催され、交響組曲 "Arraial em festa" などが演奏された。

 1972年頃にはパリにしばらく滞在して、晩年のナディア・ブーランジェ (1887-1979) に作曲をあらためて勉強したとのことである。

 1980年2月28日に、サンパウロにて亡くなった。

 ヂノラ・ヂ・カルヴァーリョの作品には、交響組曲 "Arraial em festa"、弦楽オーケストラ・打楽器・ピアノのための "Três Danças brasileiras"、弦楽オーケストラ・打楽器・ピアノのための "Contrastes"、弦楽四重奏曲第1番 (1962)、合唱・弦楽オーケストラ・打楽器のための "Missa de profundis" (1977) などがある。また歌曲を約40曲作っている。

 ヂノラ・ヂ・カルヴァーリョは下記のリストの通りピアノ曲を多数作曲したらしいが、未出版の曲が多く、また音源も乏しく、全貌は不明である。ブラジル風味満点の「セルタネージャ」、ブラジルの素朴な祭りの光景を多調で描いた「サント・レイの祭り」、そして晩年に到達した高度な作曲技法を駆使した「ソナタ第1番(イグアスの滝)」と、どのピアノ曲も異なった個性を放っていて、音源のいまだ無い他のピアノ曲も聴いてみたいな〜と思わずにはいれらません。

 

Dinorá de Carvalhoのピアノ曲リストとその解説

1923

1929

1930

1932

1933

1934

1939

1940

1944

1945

1949

1950

1955

1960

1963

1967

1968

1974

作曲年代不詳

 

Dinorá de Carvalhoのピアノ曲楽譜

Ricordi Brasileira S.A.

  • Cantilena
  • Cavalinho de Pixe
  • Lá vae a barquinha carregada de?...
  • O burrinho teimoso
  • Polka "da Suite para piano"
  • Alegro brilhante "da Suite para piano"
  • Solidão "da Suite para piano"

Fermata do Brasil

  • Sonata Nº 1 (Quedas do Iguaçu)
  • Tema e onze variações

Irmãos Vitale

Breitkopf & Härtel

I. Chirato & Cia.

L. G. Miranda

Casa Wagner

斜字は絶版と思われる楽譜

 

Dinorá de Carvalhoのピアノ曲LP・CD

星の数は、は是非お薦めのCD、は興味を持たれた人にはお薦めのCD、はどうしてもという人にお薦めのCDです。

Isis Moreira - pianista

  • Variações, recitativo e fuga (Almeida Prado)
  • Momento nº 5 (Das verdes alturas) (Almeida Prado)
  • Sonata nº 1 (Dinorá de Carvalho)
  • Cirandas (Heitor Villa-Lobos)

Isis Moreira (pf)

 イシス・モレイラは、作曲者ヂノラ・ヂ・カルヴァーリョからソナタ第1番(イグアスの滝)を献呈されたピアニストで、この曲の唯一の録音。ペダルの使用を少なめにした、全体的に乾いた音の演奏で、私の知る「イグアスの滝」の、もわっとした熱帯的な印象とは随分異なります。CDの解説書の写真では、ピアノを弾くイシス・モレイラの横でにこやかにしているヂノラ・ヂ・カルヴァーリョが写っているが、本当にこの演奏に作曲者は満足していたのかな〜、とちょっと疑問を感じる演奏に感じます。

 

Música brasileira para piano - Savino de Benedictis e sua Escola de Composição

Sylvia Maltese (pf)

 

Mulheres Compositoras França - Brasil

Piano solo

  • Tambiquererê (Chiquinha Gonzaga)
  • Allegro de concerto (Branca Bilhar)
  • Noturno nº 1 Recordação (Souvenir) (Emilia de Benedcitis)
  • Mélisande (Mel Bonis)
  • D'un jardin clair (De um jardim claro) (Lili Boulanger)
  • Improviso (Louise Ferrenc)
  • Sertaneja (Dinorá de Carvalho)
  • Valsa choro nº 5 (Adelaide Preira da Silva)
  • Serelepe choro nº 2 (Silvânia Barros)
  • Adagio (Nilcélia C. S. Baroncelli)
  • Dança nobre (Sandra Abrão)
  • Multisarabanda (Kilza Setti)
  • Vales (Maria Helena Rosas Fernandes)
  • En mer (Augusta Holmès)

Piano a quatro mãos

  • Les Gitanos (Mel Bonis)
  • Six valses caprice (Mel Bonis)
  • Voix du printemps, Six morcecaux (Marie Trautmann Jaël)

Sylvia Maltese (pf), Paola Tarditi (pf)

 2009年の録音。