Emirto de Limaのページ

Emirto de Limaについて

 José Maria Emirto de Lima(ホセ・マリア・エミルト・デ・リマ)は1890年1月25日、キュラソー島に生まれた。キュラソー島はカリブ海に浮かぶ小さな島で、オランダ領アンティル諸島の一つである。父親のPaul Q. de Limaは音楽家で、キュラソー島のWellgelegen女子校で音楽教師をしていた。父からヴァイオリンとピアノを習ったエミルト・デ・リマは、14歳の時には地元オーケストラのヴァイオリン奏者をしていたとのこと。エミルト・デ・リマは十代後半の時にフランスに留学し、パリのスコラ・カントルムなどで学んだとする資料もあるが詳細不明である。

 当時、コロンビア北部の都市バランキージャでは、上流階級の子女の多くが、教育水準の高いオランダ領キュラソー島の学校に渡って高等教育を受ける習慣があった。(バランキージャからキュラソー島までは約七百キロで、当時でも船に乗って1〜2日で行ける距離であった。)エミルト・デ・リマの父Paul Q. de Limaが勤めるWellgelegen女子校でもバランキージャからの留学生たちが学んでおり、バランキージャにも分校を作って欲しいという要望があった。Paul Q. de Limaは息子をバランキージャに派遣することに決め、エミルト・デ・リマは1910年にバランキージャに渡った(以降、彼はコロンビアに永住することとなる)。彼は音楽教師を勤めると同時に、作曲家としても活躍。1911年以降、自作のピアノ曲や歌曲が出版された。

 1929年から1930年にかけては、ラジオ放送でオーケストラを指揮。また1943年にはバランキージャ・フィルハーモニー管弦楽団 (Orquesta Filarmónica de Barranquilla) の設立に尽力した。

 1972年8月14日に亡くなった。

 エミルト・デ・リマの作品には、オペレッタ "El Club de los solteros"(1932年初演)、ピアノ協奏曲ト短調、いくつかの管弦楽曲("Alma de lis" などの曲は1929年頃の録音が残されており、管楽器やギターなどによる小楽団向けの曲なのが分かる)、ヴァイオリン+ピアノ曲、ヴァイオリン+チェロ+ピアノ曲などがあるが、圧倒的に多いのが歌曲とピアノ曲である。 歌曲の方は「歌謡曲」と呼んだ方が相応しいリラックスした作品が多いようである。ピアノ曲は現在、楽譜も録音も一部の曲しか入手できませんが、サロンや家庭向けの気軽な小品ばかりのようである。彼のピアノ曲の特徴は、一つは冒頭の曲の始まり方が粋なことで、アウフタクトで旋律だけが始まったり、最初の和音にV度を上手に用いている。もう一つは頻繁な、しかも意表をつくような転調で、最初と最後では全く関係のない調に移っていることもしばしば見られる。

 

Emirto de Limaのピアノ曲リストとその解説
 エミルト・デ・リマの作品の多くは、作曲年代が不詳です。下記のピアノ曲リストは大部分、1942年出版の本 "Folklore colombiano" の中に載っているエミルト・デ・リマの作品リストを元に作成しました。また年代が記されているものも、正確な作曲年ではなく、楽譜の初版年です。なお、エミルト・デ・リマの作品は殆どがA-B-Cの形式で、下記の解説も断りのないものはA-B-C形式の各部分について述べています。

1911

1918

1920

1925

1926

1928

1930

作曲年代不詳

 

Emirto de Limaのピアノ曲楽譜

Fundación DE MVSICA

  • Emirto de Lima - Antología: Pasillos, danzas y canciones
    • Nocturno
    • Historia de una noche, danza
    • Molinares y Compañía, danza
    • Confidencias del corazón, pasillo
    • Dulce y serana, pasillo
    • Recuerdos del mar, impromptu
    • Evocaciones de Colombia pintoresca y sentimental, colección de pasillos
    • Ilusiones risueñas, pasillo
    • Retrato de una viuda, pasillo
    • Piedras del camino, bambuco
    • Gencianas, pasillo
    • Cantares, bambuco

 

Emirto de Limaのピアノ曲CD

星の数は、は是非お薦めのCD、は興味を持たれた人にはお薦めのCD、はどうしてもという人にお薦めのCDです。

Emirto de Lima Música para piano
Fundación DE MVSICA, DM-MA-HCOL005

  • Molinares y Cia., danza
  • Retrato de una viuda, pasillo
  • Confidencias del corazón, pasillo
  • Senda florida, pasillo
  • Sueño de adiós, pasillo
  • Gencianas, pasillo-canción
  • Contemplación
  • Jardín fragante, pasillo
  • Ilusiones risueñas, pasillo
  • Piedras del camino, bambuco-canción
  • A una nuca afeitada, pasillo
  • Serenidad, pasillo
  • Pensativa, pasillo
  • Historia de una noche, danza
  • Nocturno
  • Sortilegio, pasillo
  • Alma de lis, pasillo
  • Placito de cielo, bambuco

Haroldo Martina (pf), Juanita Delgado (soprano)

 2001年の録音。

 

Revivamos nuestra música, 1924-1938 Diario "El Mundo al Día"
Universidad Nacional de Colombia, Departamento de Música, Facultad de Artes

Alvaro Ordóñez (pf), Jason Ponce (pf), Paula Castaño (pf), Natalia Vesga (pf), Luis Castellanos (pf), Iván Benítez (tenor), Luisana Portaccio (pf)