Julio Fonsecaのページ

Julio Fonsecaについて

 Julio Fonseca Gutiérrez(フリオ・フォンセカ・グティエレス)は1885年5月22日、コスタリカの首都サンホセに生まれた。サンホセの軍楽隊員をしていた父Malaquías Fonsecaから音楽を習い、子どものうちにサンホセの国立音楽学校に通い、12歳頃には作曲を始めている。

 1902年に奨学金を得てイタリアのミラノに留学。ミラノ音楽院を入学を希望したが年齢が若過ぎて許可されず、Liceo Artisticoに入学した。1904年にはブリュッセルに移り、同地の王立音楽院に入学し学んだ。

 1906年にフォンセカは病気のためコスタリカに帰国。1912年にMaría Elena Moraと結婚し、5人の子どもをもうけた。1914年には妻と共に米国に約1年間住んだ。1920年からはサンホセにあるメルセー教会 (Iglesia de Nuestra Señora de La Merced) の聖歌隊指揮者を晩年まで続けた。また1927年から1942年まではサンホセ高等女子学校の音楽科教授を務めた。1942年には創立されたばかりのコスタリカ国立音楽院(現在の国立コスタリカ大学音楽学部)の教授に就任した。

 1950年7月22日に亡くなった。

 フォンセカの作品には、オペレッタ "El dinero no lo es todo" (1902頃)、子どものためのコメディー "Caperucita encarnada" (1916)、管弦楽のための "Suite Tropical" (1932)、コスタリカの主題による幻想交響曲、管弦楽または吹奏楽のための "Obertura húngara" (1914)、カンタータ "Los siete dolores de la Santísima Virgen" (1920)、弦楽五重奏曲、ピアノトリオ (1905)、ヴァイオリンソナタ第1番 (1905?)・第2番、多数の歌曲などがある。

 フォンセカのピアノ曲にコスタリカ民族主義といったものは見られない。周辺国(コロンビアやエクアドルのパシージョ、米国のフォックストロット)の舞踊音楽が現れる位である。ピアノ曲の多くはヨーロッパサロン風の小品で、和声はロマン派止まりで、晩年の組曲 "The Wheaton Hills souvenir" で印象主義の和声が少し聴かれる程度である。20世紀の作曲家として、正直あまり特筆できる所がないのだが、聴く人の気持ちを穏やかにするような作品揃いで、肩肘張らずのんびり聴くのもいいように思います。

 

Julio Fonsecaのピアノ曲リストとその解説

1897

1898

1901

1902

1903

1904

1905

1912

1913

1913または1914

1914

1916

1917

1918

1927

1928

1930

1931

1932

1935

1937

1942

1944

1949

1950

作曲年代不明

 

Julio Fonsecaのピアノ曲楽譜

Editorial de la Universidad de Costa Rica, Escuela de Artes Musicales

 

Julio Fonsecaのピアノ曲CD

星の数は、は是非お薦めのCD、は興味を持たれた人にはお薦めのCD、 はどうしてもという人にお薦めのCDです。

Piano Latinoamericano vol. 1
Ludiq Records

Scarlett Brebion Kelemen (pf)

 このCDに収録されている "Ojos risueños" は元は歌曲で、1928年にコスタリカで催された「第2回ポピュラーソング・コンクール」で一等賞を得た曲。

 

Confluencia - Música para piano de compositores costarricenses

  • 4 Meditaciones: Azul, Destellos de los ojos del Hada, Canto a Nitchke-Ha, El paso del Inca (Carlos Amador)
  • Vals leda (Julio Fonseca)
  • Sonata para un atardecer (William Porras)
  • Preludio nº 1 (Otto Castro)
  • Meditación (Pilar Aguilar)
  • Infinitamente (Pilar Aguilar)
  • K 509 (Luis Diego Herra)
  • Preludio en mi menor (Alejandro Monestel)
  • Soñando (Alejandro Monestel)
  • Hoja de álbum (Alejandro Monestel)
  • Preludio y Danza de la pena negra (Benjamín Gutiérrez)

Scarlett Brebion Kelemen (pf)

 

Música costarricense para piano

  • Dulces reproches (Alejandro Monestel Zamora)
  • Flores (Emmanuel García Conejo)
  • Vals Leda (Julio Fonseca Gutiérrez)
  • Dulce mentira (Julio Mata Oreamuno)
  • Tout en blanc (Julio Fonseca Gutiérrez)
  • Vals impromtu (Julio Fonseca Gutiérrez)
  • Por amor (José Daniel Zúñiga Zeledón)
  • New Orleans Rag (José Castro Carazo)
  • Allegro enérgico Op. 6 (Carlos Enrique Vargas Méndez)
  • Romanza (Allen Torres Castillo)
  • Toccata (Frank Piedrs Vargas)
  • Vals Monteverde (Frank Piedra Vargas)

Frank Piedra (pf)

 

Una milpa y buenos güeyes...

Manuel Matarrita (pf)

 

コスタリカ出身の指揮者・ピアニストのWalter Morales氏は、Julio Fonsecaのピアノ曲の数々を演奏しており、その演奏会の動画はYouTubeで、録音はSoundCloudで聴くことが出来ます。

 

Julio Fonsecaに関する参考文献