Roberto García Morilloのページ

Roberto García Morilloについて

 Roberto García Morillo(ロベルト・ガルシア・モリージョ)は1911年1月22日、ブエノスアイレスに生まれた。アルゼンチン音楽学校 (Escuela Argentina de Música) でJulián AguirreやJuan José Castroに師事、国立音楽院ではFloro Ugarteらに師事した。1926年から1930年までパリに留学し、イヴ・ナットにピアノを師事した。

 その後は作曲家としての活動に加え、音楽評論家や、国立音楽院、マヌエル・デ・ファリャ市立音楽院での教育者として活躍した。

 2003年10月26日、ブエノスアイレスで亡くなった。

 ガルシア・モリージョの作品は多岐に渡る。まずオペラでは "El caso Maillard, Op. 41" (1972-75)、"Arkady, el mexicano, Op. 46" (1980-81) を作曲、バレエ音楽では "Usher, Mimodrama según Edgar Allan Poe, Op. 8a" (1940-41)、"Harrild, Op. 9a" (1941)、"La máscara y el rostro, Op. 33" (1963)、"Argentina 1860, Op. 43" (1979-80) などを作曲した。管弦楽曲では "Tres pinturas de Paul Klee, Op. 12" (1944)、交響曲第1番, Op. 17 (1946-48)、交響曲第2番, Op. 22 (1954 - 55)、"Variaciones olímpicas, Op. 24" (1958)、"Tres pinturas de Piet Mondrian, Op. 29" (1960)、交響曲第3番, Op. 30 (1961) などが代表作。声楽と管弦楽のための作品も多く、ソプラノ・テノールと管弦楽のための "El Tamarit, Op. 20" (1953)、 バスと管弦楽のための "Romances del amor y de la muerte, Op. 28a" (1959)、カンタータ第4番 (Cantata de los caballeros), Op. 34 (1965)、カンタータ第6番 (Cantata de Navidad), Op. 42 (1976)、カンタータ第7番 (Corrido de Leandro Rivera), Op. 44 (1981)、カンタータ第10番 (Tango de Plata), Op. 53b (1987-88)、カンタータ第11番 (Homenaje a García Lorca), Op. 55a (1988-89) などがある。室内楽曲では、弦楽四重奏曲, Op 19a (1950-51)、フルート・オーボエ・ファゴット・ホルンのための "Divertimento sobre temas de Paul Klee, Op. 37a" (1967) などがある。その他に歌曲、映画音楽の作曲も手がけている。

 ガルシア・モリージョのピアノ曲には6曲のピアノソナタを初めとして、いくつかの組曲などがある。音源が僅かなため、その全貌は不明ですが、プロコフィエフやヒナステラの流れを受け継ぐような硬質な不協和音の作品から、神秘的な作品まで、作曲家としての高い技倆を窺わせます。

 

Roberto García Morilloのピアノ曲リスト
 ガルシア・モリージョの初期の作品のうち斜字で示した曲は、作曲家自身により作品カタログから除かれており、どんな曲だったかは不明である。

1929

1930

1931

1932

1933

1933-34

1935

1941

1942

1944

1944-45

1946

1953

1958-59

1959

1962

1968

1982

 

Roberto García Morilloのピアノ曲楽譜

Melos Ediciones Musicales S.A. (旧 Ricordi Americana S.A.)

  • Tres piezas para piano, Op. 2
  • Segunda sonata, Op. 4, Nº 2
  • Danza de Harrild, Op. 9c
  • Variaciones 1942, Op. 10
  • 3ª. Sonata, Op. 14
  • Variaciones apolíneas, Op. 25
  • Cuarta sonata, Op. 26
  • 5ª. Sonata, Op. 31
  • Serenata, Op. 36 (Homenaje a Debussy)
  • Sexta sonata (Rítmica giocosa), Op. 48

Editorial Cooperativa Interamericano de Compositores

Instituto de estudios superiores del Montevideo

Instituto Lucchelli Bonadeo

Editorial Argentina de Música

G. Schirmer

  • Latin-american Art Music for the piano by twelve contemporary composers
    • Canción triste y Danza alegre

斜字は絶版と思われる楽譜

 

Roberto García Morilloのピアノ曲CD

星の数は、は是非お薦めのCD、は興味を持たれた人にはお薦めのCD・LP、はどうしてもという人にお薦めのCDです。

Obras para Piano de Compositores Argentinos VOL. I
CD Tradition, TR060422

  • Danza Orgiástica (Juan Carlos Zorzi)
  • Impresiones de Mi Tierra Segundo cuaderno (Angel Lasala)
  • Preludio Buenos Aires (Marcela Fiorillo)
  • Variaciones gregorianas opus 15 (Roberto Caamaño)
  • Conjuros opus 3 (Roberto García Morillo)
  • Sonata opus 3 (Lucio Bruno-Videla)

Marcela Fiorillo (pf)

 2006年の録音。

 

Valentín Surif - Piano
Sound group

Valentín Surif (pf)

 1998年の録音。

 

La Sonata Argentina
Cosentino, IRCO 260

  • Sonata, en do sostenido menor (Celestino Piaggio)
  • Sonata (Carlos Suffern)
  • Cuarta Sonata (Roberto García Morillo)
  • Sonatina porteña op. 28 (Gunter Parpart)
  • Sonata (Irma Urteaga)

Valentín Surif (pf)

 

Piano Music of the Americas
ACA Digital Recording, CM20021-21

James Miltenberger (pf)

 

Música española y suramericana (LP)
Discorama

Haydée Helguera (pf)