Gilardo Gilardiのページ

Gilardo Gilardiについて

 Gilardo Gilardi(ジラルド・ジラルディ)は1889年5月25日、ブエノスアイレス州San Fernandoに生まれた。両親ともにイタリアからの移民で、Gilardo Gilardiという彼の名前はスペイン語風に発音すれば「ヒラルド・ヒラルディ」だが、アルゼンチンの人々も彼の名前はイタリア語読みで「ジラルド・ジラルディ」と発音している。彼の父Miguel Ángel Gilardiはチェロ奏者で、地元の楽団や合唱団の指揮をしていて、作曲も嗜んでいた。父から音楽を習ったジラルディは7歳で「マズルカ」を作曲したとのこと。

 ジラルディは19歳の時からPablo María Beruti (1863または1866-1914) に作曲を何年か師事したが、Berutiが亡くなった後は独学で作曲の勉強を続けた。1920年にブエノスアイレス市が主催した「第1回オペラ作曲コンクール」で、ジラルディが作ったオペラ "Ilse" は入賞し、1923年にコロン劇場で上演された。

 1929年にはアルゼンチンの進歩的な作曲家たちと共にGrupo Renovación(新しい集団)というグループを結成し、定期的な演奏会を催して自分達の新作を発表し合ったが、ジラルディ自身がこのグループで活動したのは1930年までの2年間のみであった。

 1938年頃、彼の教え子で23歳年下のMaría Lucrecia Madariaga (1912-1985) と結婚し、2人の子どもをもうけた。妻は合唱指揮の仕事をしており、1940年代にジラルディはいつつもの合唱曲を作曲した。

 ジラルディはアルゼンチン作曲家協会会長を務めるなどしたが、作曲家として以外にも、指揮者としてコロン劇場などで活躍、また国立ラプラタ大学芸術学部教授および学部長、国立音楽院教授などの教職も務めた。

 1963年1月16日、ブエノスアイレスにて亡くなった。

 ジラルディは多くの作品を残しており、管弦楽曲では、陽気な交響詩 "Gaucho con botas nuevas" (1937)、弦楽オーケストラのための "Piruca y yo" (1937)、管弦楽のための "Poema fluvial" (1944)、循環形式の交響曲 (1961) などを作曲した。室内楽曲では、ヴァイオリンとピアノのための "Sonata popular argentina" (1925)、ピアノトリオ "Tres danzas argentinas" (1938)、木管五重奏のための "Quinteto aéreo pentáfono" (1941) などがある。器楽曲は下記のピアノ曲の他にも、ギター曲 "Serie Argentina" (1940) などがある。オペラは、"Ilse" (1919)、"La Leyenda del Urutaú" (1929)、"Ollantay" (1939) の3本を作曲していて、前2作はコロン劇場で上演された。また宗教曲 "Misa de Gloria en honor a Santa Cecilia" (1936)、"Stabat Mater" (1946) も作った。更に、映画音楽は "Tres hombres del río" (1943)、"Éramos seis" (1945)、"Los isleros" (1950) の3本に作曲をしている。

 ジラルディのピアノ曲は概ね、他の文献でも3つのジャンルに分けている。一つめは、調性感はあるもののちょっと独特の和音で新古典主義とも言えなくもないような音楽で、"Esdrújulas" や "Sitibunda por tierras sedientas"、"Preludio, Toccata y Fuga" などである。二つめは民族主義的な作品で、和音が凝った "Tríptico" からアルゼンチン風味たっぷりの "Cantares de mi cantar" と "Tango" がある。三つめは無調で印象主義の影響も聴かれる晩年の作品 "Poema, El viento agita el cardal" がある。

 

Gilardo Gilardiのピアノ曲リスト

1915-1917

1925?

1935

1939?

1947

1954

1958

1960

 

Gilardo Gilardiのピアノ曲楽譜

Trémolo

  • La música para piano de Gilardo Gilardi
    • Esdrújulas
    • Sitibunda por tierras sedientas
    • Tríptico
    • Preludio, Toccata y Fuga
    • Poema, El viento agita el cardal

Melos Ediciones Musicales S.A. (旧Ricordi Americana S.A.)

  • Tango
  • Cantares de mi cantar
  • Cuatro preludios unitonales o unitónicos

斜字は絶版の楽譜

 

Gilardo Gilardiのピアノ曲CD

星の数は、は是非お薦めのCD、は興味を持たれた人にはお薦めのCD・LP、はどうしてもという人にお薦めのCDです。

Gilardo Gilardi (1889-1963) - Obra integral para piano - En homenaje a los 125 años de su nacimiento

Disco 1

  • Sitibundas por tierras sedientas. De la serie "El caminante descaminado"
  • Esdrújulas
  • Tríptico

Disco 2

  • Preludio, toccata y fuga
  • Cantares de mi cantar
  • Cuatro preludios unitonales o unitónicos
  • Tango
  • Poema: El viento agita el cardal

Dora De Marinis (pf), Patricia Yvonne Espert (pf)

 

Música para piano de dos mundos
Cosentino, IRCO 291

  • Danza Arcaica (Salvador Ranieri)
  • Seis piezas para niños, op. 72 (Félix Mendelsshon)
  • Cantares de mi cantar (Gilardo Gilardi)
  • Juegos de agua (Maurice Ravel)
  • Sonatina (Tirso de Olazábal)
  • La colina sombreada, Rama de piquillín, de "En la sierra", op. 32 (Alberto Williams)
  • Niebla, Benteveo, de "Preludios" (Lita Spena)
  • Seis danzas búlgaras, del "Microcosmos" Vol. VI (Béla Bartók)

Alicia Lastra (pf)

 2000年の録音。

 

Los Compositores Académicos Argentinos y El Tango (1867-2002)
Argentmúsica

  • El negro Schicoba (José María Palazuelos)
  • Bartolo (Francisco Hargreaves)
  • Pare el Tranguay, Mayoral (Carlos López Buchardo)
  • Don Pepe (Ernesto Drangosch)
  • Coquito (Carlos López Buchardo)
  • Mburucuyá (Enrique M. Casella)
  • El Perseguido (Ernesto Drangosch)
  • Aire de Tango (Ernesto Drangosch)
  • Tenga Mano (Manuel Gómez Carrillo)
  • Asistencia (Athos Palma)
  • Mas nunca olvidaré (Arnaldo D'Espósito)
  • Tango (Constantino Gaito)
  • Preludio en forma de tango (Juan Francisco Giacobbe)
  • Junto al Paraná (Juan Carlos Paz)
  • Tango que le hiciste mal... (Jorge Arandia Navarro)
  • Tango (Gilardo Gilardi)
  • Encuentro (Salvador Ranieri)
  • Tanguango (Juan Carlos Zorzi)
  • Tango (Gisela García Gleria)
  • Entonces, Tango Nº 1 de "Ayer del Buen Aire" (Irma Urteaga)
  • Cristales Rotos (Norma Lado)
  • Invención Tanguera Nº 3 (Jorge Pítari)

Estela Telerman (pf)

 2002、2003年の録音。

 

Nostalgias Argentinas, Piano Music of Argentina
Steinways & Sons

Mirian Conti (pf)

 2012年のリリース。

 

Gilardo Gilardiに関する参考文献