Hilario Gonzálezのページ

Hilario Gonzálezについて

 Hilario González Íñiguez(イラリオ・ゴンサレス・イニゲス)は1920年1月24日、ハバナに生まれた。幼い時にシエンフエゴスに転居し同地の音楽学校で学び、またハバナに戻ってからはファルコン音楽院に通いピアノや作曲を学び、1936年に卒業した。その後はホセ・アルデボルに作曲を師事した。ホセ・アルデボルが1942年に「新音楽グループ (Grupo de Renovación Musical)」を結成すると、その一員として活動した。

 1947年にベネズエラに移り、Vicente Emilio Sojoに作曲を師事した。セルジュ・チェリビダッケに指揮を師事したこともあるらしい。また国立カラカス国民劇場の監督やベネズエラ合唱団の副指揮者を務めた。1960年にキューバに帰国してからはラジオやテレビの音楽番組の仕事や、1961年からはアマデオ・ロルダン音楽院ピアノ教授を務め、1971年にハバナに国立音楽博物館 (Museo Nacional de la Música) が開館すると研究者としてキューバ音楽の調査研究を行った。1980年に出版されたマヌエル・サウメルのピアノ曲「コントラダンサ集」の校訂などにも携わった。

 1996年10月3日に亡くなった。

 イラリオ・ゴンサレスの主な作品を記すと、劇場作品では、オペラ "Las puertas abiertas" (1964-66)、ミニオペラ "Los zapaticos de rosa"、バレー音楽 "Antes del Alba" (1945)などがある。管弦楽曲では、声と管弦楽のための "Suite de canciones cubanas" (1943)、ピアノ協奏曲、"Corona fúnebre a la gloria de Ernesto Guevara(エルネスト・ゲバラの栄光のための葬儀の花輪)" (1968)、など。室内楽曲では、オーボエ、ファゴット、ヴィオラ、ピアノのためのコンチェルティーノ (1944)、ヴァイオリンソナタ (1957)、弦楽四重奏曲 (1959) などを作曲した。またホセ・マルティの詩による歌曲を多数作った。

 イラリオ・ゴンサレスのピアノ曲は20歳前後に作曲した作品が主である。若くして高度な不協和音を駆使し、それにキューバ民族音楽を融合したピアノ曲からは彼の作曲技法の高さが窺える。惜しむらくは、更に一歩進んだ「キューバ民族主義のピアノ曲の大作」なんて作品が残されなかったことかな、と思います。

 

Hilario Gonzálezのピアノ曲リストとその解説

1938

1941

1942

1950

1951

1964

 

Hilario Gonzálezのピアノ曲楽譜

Editora Musical de Cuba

  • Tres preludios en conga
  • Dos danzas, Op. 2
  • Primera sonata, Op. 8

Elkan-Vogel Co., Inc.

斜字は絶版と思われる楽譜

 

Hilario Gonzálezのピアノ曲CD

星の数は、は是非お薦めのCD、は興味を持たれた人にはお薦めのCD、はどうしてもという人にお薦めのCDです。

Renovación musical. Hilario González
Producciones Colibrí, CD 196

  • Primera sonata, Op. 8 - 1942
  • Tres preludios en conga - 1938
  • Dos danzas afrocubanas, Op. 2 - 1938
  • Primera suite de canciones (Textos de Emilio Ballagas) - 1940
  • Guajiras en sol (Textos de Emilio Ballagas) - 1945

Victor Diaz Hurtado (pf), Gessliam Suarez Molina (Soprano)

 2010年のリリース。

 

CUBA PIANO
Ensayo, ENY-CD-9722

  • No bailes más! (Ignacio Cervantes)
  • Adiós a Cuba (Ignacio Cervantes)
  • La encantadora (Ignacio Cervantes)
  • La celosa (Ignacio Cervantes)
  • Ombre et mystère (Nicolas Ruiz Espadero)
  • Danza Lucumí (Ernesto Lecuona)
  • Danzade los ñáñigos (Ernesto Lecuona)
  • Caprice (O, Ma Charmante, épargnez-moi!) (Louis Moreau Gottschalk)
  • Canción de cuna del niño negro (Amadeo Roldán)
  • Soledad (Ignacio Cervantes)
  • El velorio (Ignacio Cervantes)
  • No me toques (Ignacio Cervantes)
  • La Carcajada (Ignacio Cervantes)
  • Canción del guajiro (Nicolas Ruiz Espadero)
  • A la Antigua (Ernesto Lecuona)
  • Interrumpida (Ernesto Lecuona)
  • Ella y yo (Ernesto Lecuona)
  • La Mulata (Ernesto Lecuona)
  • Preludio en conga No. 3 (Hilario González)
  • Berceuse campesina (Alejandro García Caturla)
  • Ahí viene el chino (Ernesto Lecuona)
  • La Comparsa (Ernesto Lecuona)
  • Alegre (René Touzet)
  • Cervantina (René Touzet)
  • Recordando Al Maestro (René Touzet)

Luiz de Moura Castro (pf)

 1991年の録音。