Manuel Herrarteのページ

Manuel Herrarteについて

 Manuel Herrarte(マヌエル・エラルテ)は1924年12月28日、グアテマラシティに生まれた。グアテマラ国立音楽院で、Ricardo Castilloに和声を、Georgette Contouxにピアノを師事した。1944年に同音楽院を卒業すると、奨学金を得てアメリカのイーストマン音楽学校に留学し、校長で作曲家でもあるハワード・ハンソンに師事した。1947年には南米演奏旅行も行った。その後も作曲家およびピアニストとして活躍を続けた。1974年2月2日に死去。

 マヌエル・エラルテの作品には「ピアノと管弦楽のための序曲 (1944)」、「ピアノと管弦楽のためのSinfonieta campestre (1945)」があるが、他は下記のピアノ曲が主にあるのみである。楽譜が出版されているのはその内の一部のみで、更に録音となるとほんの僅かであるため、彼のピアノ曲の全貌は私も知りません。"Tres danzas"を聴くと、マヌエル・エラルテが作曲家として、またピアニストとしていかに優れていたかを窺い知ることができ、彼の他のピアノ曲もチャンスがあったら是非聴いてみたいものです。

 

Manuel Herrarteのピアノ曲リストとその解説

 

Manuel Herrarteのピアノ曲楽譜

Peermusic Classical

Elkan-Vogel Co., Inc.

  • Six sketches for piano (Seis bocetos para piano)
  • Six modern guatemalan composers, Compositions for piano solo
    • Andante

Universidad de San Carlos de Guatemala, Dirección General de Investigación (DIGI)

斜字は絶版と思われる楽譜

 

Manuel Herrarteのピアノ曲CD

星の数は、は是非お薦めのCD、は興味を持たれた人にはお薦めのCD、はどうしてもという人にお薦めのCDです。

Horizons: Piano Music of Latin America
Centaur Records, CRC 2539

Nancy Roldán (pf)

 2000年の録音。

 

Piano music of Latin America (LP)
Crossroads

Charles Milgrim (pf)