Júlio Bragaのページ

Júlio Bragaについて

 ジュリオ・ファリア・ダ・シウヴァ・ブラガ Júlio Faria da Silva Braga は1918年4月24日、ペルナンブコ州オリンダに生まれた。子どもの頃よりピアノを習い、10歳でペルナンブコ州州都レシフェでピアノ演奏会を催している。その後レシフェにあるペルナンブコ州音楽院に入学して学び、またブラジル国内各地で演奏会を開いた。

 1948年にリオデジャネイロで開かれた「オランダ・フィリップス社杯コンクール」のピアノ部門でジュリオ・ブラガは優勝。これによりペルナンブコ州より奨学金を得て彼は同年フランスのパリに留学した。同年11月にはパリのサル・ガヴォーで演奏会を催している。その後もヨーロッパ各国や中南米、米国で演奏会を開いていて、1958年9月にはニューヨークのスタインウェイホールでピアノソロ・リサイタルを行い、1959年7月にはニューヨークのカーネギーホールでピアノソロ・リサイタルを行った。また一時ベネズエラに滞在し、カラカスやマラカイボの音楽学校で教鞭を執った。

 1948年以降のジュリオ・ブラガは海外生活が主であったが、1964年にブラジルに帰国し、ピアニストおよび作曲家として活動を続けた。

 1993年10月10日、レシフェにて亡くなった。

 ジュリオ・ブラガは管弦楽曲、ヴァイオリン曲、歌曲などを作曲したらしいが音源がないため詳細不明です。ピアノ曲は私が調べた範囲で楽譜または音源が入手できた作品を下に記しましたが、おそらく他にも未出版のピアノ曲があるものと思われます。名ピアニストだった彼らしく、ピアニスティックで技巧的な作品が多く、ドビュッシーやラフマニノフの影響を受けたピアノ曲が目立ちますが、その一方で彼の出身地ブラジル北東部(ノルデスチ)の民族音楽の旋法などを用いた高度なピアノ曲もあり、作曲家としても個性たっぷりで、正に小さな宝石のような「知られざる作曲家」に思えます。

 

Júlio Bragaのピアノ曲リストとその解説

1937 (1959年改訂)

1939

1937 (1979年改訂)

1938 (1972年改訂)

作曲年代不明

1951 (1959年改訂)

作曲年代不明

1953

1956

1959

作曲年代不明

1978

作曲年代不明

1991

作曲年代不明

 

Júlio Bragaのピアノ曲楽譜

Edição do Júlio Braga

  • Acalanto, Berceuse - Arrullo, Op. 1, N.º 1
  • Estudo "Movimento perpétuo", Op. 1, N.º 2
  • Chôro N.º 1 "Noatsalgia", Op. 2, N.º 1
  • Chôro N.º 2 "O carrilhão da saudade", Op. 2, N.º 3
  • Allegro appassionato, Op. 2, N.º 4
  • Toccatina, Op. 3, N.º 2

斜字は絶版と思われる楽譜

 

Júlio Bragaのピアノ曲CD

星の数は、は是非お薦めのCD、は興味を持たれた人にはお薦めのCD、はどうしてもという人にお薦めのCDです。

Relevos: A obra para piano solo de Júlio Braga
A Casa Discos, ACD-CLA 039

  • Estudo, Op.1: No. 2
  • Choro, Op. 2: No. 1, Nostalgia
  • Toccatina, Op.3: No. 2
  • Acalanto, Op.1: No. 1
  • Espanhola, Op.1: No. 7
  • Choro, Op.2: No. 3, Carrilhão da saudade
  • Polichinelo, Op.4: No. 2
  • Frevo das muricocas, Op.8: No. 10
  • Dansa dos pinguins
  • Preludio Brejeiro, Op.4: No. 1
  • Chorinho, Op.4: No. 1
  • Valsinha saudosa para a mão esquerda, Op.1: No. 8
  • Improvisação, Op.2: No. 2
  • Primeira toccata nordestina, Op.4: No. 8

Tamara Ujakova (pf)

 

O Piano de Norte a Sul (LP)
Sociedade Cultural e Artistica Uirapuru, LPU-1012

  • Valsa Amazônica No.1 (Arnaldo Rebello)
  • Lundú Amazonense (Arnaldo Rebello)
  • Cantilena (Jayme Ovalle)
  • Tanguinho (João Nunes)
  • Prece (Alberto Nepomuceno)
  • Lundu da cobra cega (Baptista Siqueira)
  • Festa de chuva (Baptista Siqueira)
  • Canção de amor (Julio Braga)
  • Canto de adormecer (Aloysio de Castro)
  • Confissão (Ormy Toledo)
  • Plaisanterie (Leopold Miguéz)
  • Crê e espera (Ernesto Nazareth)
  • Favorito (Ernesto Nazareth)
  • Yara (Anacleto de Madeiros)
  • Querida por todos (Joaquim Callado)
  • Ali-baba (Henrique Alves de Mesquita)
  • 4a. seresta (Carlos de Almeida)
  • Homenagem a Sinhô (Fructuoso Vianna)
  • Murmúrio (Carlos Gomes)
  • Xangó (Brasílio Itiberê)
  • Casinha pequenina (Arranjo de J. Octaviano)
  • Prenda minha (Ernani Braga)

Arnaldo Rebello (pf)

 

Júlio Bragaに関する参考文献