Ludovic Lamotheのページ

Ludovic Lamotheについて

 Ludovic Lamothe(リュドヴィク・ラモート)は1882年5月12日、ハイチの首都ポルトー・プランスに生まれた。彼の祖父はヴァイオリニストで、両親もピアノを弾く音楽一家だった。4歳で母からピアノを習い始めたラモートは、10歳の時には即興演奏を披露していたとのこと。彼はポルトー・プランスのL'Institution St. Louis de Gonzagueを卒業、1910年には奨学金を得てフランスに留学し、パリ音楽院に学んだ。パリではピアニストとして活躍し、"un Chopin noir(黒いショパン)" とも呼ばれた。ハイチに戻ってからは、ピアニストとして、またピアノ教師として活躍した。1940年頃にRCA / Victorに自作自演を10曲録音したのが残されていて、なかなか流暢ないい演奏である。但し、ハイチでは楽譜出版する出版社もほとんど無いため、ラモートは年をとっても貧しかったらしい。1944年には貧しさのために一旦自宅を失ったが、音楽愛好家たちの募金で、別の家を買うことができたらしい。1953年4月4日にポルトー・プランスで亡くなった。

 リュドヴィク・ラモートの作品はいくつかの歌曲を除けば、殆どがピアノ曲である。40曲位のピアノ曲を作曲したらしい。ヨーロッパのドイツロマン派風、スペイン風、フランス風の作品に加え、ハイチの民族音楽のDanza(舞曲)やMeringue(ムラング=メレンゲ)を用いた作品や、ブードゥー教の儀式を描いたようなピアノ曲が興味深い。曲の構成はおおまかにA-B-A-C形式が多く、C (Coda) が余韻たっぷりに付いているのが独特の雰囲気を醸し出していて興味深い。和声的にはロマン派初期あたりで、20世紀の作曲家にしては百年位遅れていると言わざるを得ないが、優しい南国のそよ風が心地よく吹いているような作品は癒されますよ。

 

Ludovic Lamotheのピアノ曲リストとその解説

 

Ludovic Lamotheのピアノ曲楽譜

Jean, Antoine, Fernand Lamothe, Editeurs (Port-au-Prince)

Oxford University Press

斜字は絶版と思われる楽譜

ハイチで出版されている芸術・文芸誌 "Boutures" のVolume 1, numero 3(2000年9月号)Ludovic Lamotheのピアノ曲 "Danza No. 3" の記事があり、この曲の楽譜も載ってます。

 

Ludovic Lamotheのピアノ曲CD・SP

星の数は、は是非お薦めのCD、は興味を持たれた人にはお薦めのCD、 はどうしてもという人にお薦めのCDです。

A Vision of Ludovic Lamothe
Ifa music records

  • Sous La tonnelle
  • Evocation
  • Album leaf No.1 in f# minor
  • Album leaf No.2 in Db Major
  • Danza No.1 In f minor ("La Habanera")
  • Danza No.2 In C Major
  • Danza No.3 In Eb Major
  • Danza No.4 In a minor
  • Ballade In a minor ("Scenes de carnaval" No.2)
  • Danse capoise ("Scenes de carnaval" No.4)
  • Valse de concert in Ab Major
  • Danse espagnole No.4 In b minor

Charles Peter Phillips (pf)

 2001年の録音。演奏はいい意味では落ち着いているが、生気がない感じが難点。ミスタッチも多い。

 

Valses to Voodoo: Piano Music of Haitian Composer Ludovic Lamothe

Joshua Russell (pf)

 2010年のリリース。

 

Classiques de la Musique Haïtienne

Micheline Laudun Denis (pf)

 

Music of The Haitian Masters, Vol.1
Ifa music records, IMR 256

Jean E. Saint-Eloi

 1999年のリリース。ハイチの作曲家の貴重な録音だが、電子ピアノか何かのキーボードでの(それも多分コンピューター入力の)演奏。その割には音の読み違いが多い。本当のピアノでひいて欲しかったな~。

 

Le Grand Tour

  • La conga de medianoche (Ernesto Lecuona)
  • Pequeño preludio (Hector Campos-Parsi)
  • Danza negra (Ernesto Lecuona)
  • La guayaba (Manuel Saumell)
  • Variations on a theme by E. Clement Bethel (Cleophas R. E. Adderley)
  • Feuillet d'Album No. 1 (Ludovic Lamothe)
  • 3 Jamaican Dances (Oswald Russell)
  • Guadalquivir (Ernesto Lecuona)
  • Nostalgia (Wim Statius Muller)
  • Nibo (Ludovic Lamothe)
  • Evenin' time (arr. Paul Shaw)
  • Improvisations on Jackass a Jump and Bray (Paulette Bellamy)
  • Kalin (Wim Statius Muller)
  • Malagueña (Ernesto Lecuona)

Paul Shaw (pf)

 1999年の録音。

 

Asa: Piano Music by Composers of African Descent
MSR Classics, MS 1242

William Chapman Nyaho (pf)

 2007年の録音。

 

Americas Without Frontiers
Nimbus alliance, NI 6346

Clara Rodríguez (pf), Carlos "Nené" Quintero (percusión)*, Carlos Rodríguez (contrabajo)**, Edwin Arellano (gt)***, Manuel Rangel (maracas)***

 2016年の録音。

 

Dúo Contratiempo
Producciones León, CD LEON 3051

  • Choro No. 1 (Heitor Villa-lobos)
  • La peligrosa (Ludovic Lamothe)
  • Bambuco tolimense (Milciades Garavito)
  • El trancao (Luisa Elena Paesano)
  • Jamaican-Rumba (Arthur Benjamin)
  • Mañanita pueblerina (Inocente Carreño)
  • Tres danzas cubanas (Los delirios de Rosita, La Camagueyana, Los muñecos) (Ignacio Cervantes)
  • Caprichos femeniles (Federico Villena)
  • Chirajo de ruana (Guillermo Garzón)
  • Jamaicalypso (Arthur Benjamin)
  • El condor pasa (Daniel Robles)
  • Sagás (Ernesto Nazareth)
  • La Comparsa (Ernesto Lecuona)
  • Contratiempo (Diana Franklin)

Guiomar Narváez (pf), Diana Franklin (pf)

 

Fleurs d'Haiti 10 sélections de piano par Ludovic Lamothe, compositeur (SP)
RCA / Disques Victor

Ludovic Lamothe (pf)

 1940年頃にRCA / Victorにリュドヴィク・ラモートの自作自演を録音した貴重なSP。