Juan Carlos Moreno Gonzálezのページ

Juan Carlos Moreno Gonzálezについて

 Juan Carlos Moreno González(フアン・カルロス・モレノ・ゴンザレス)は1911年(資料によっては1913年または1916年とするものもあり)の1月または2月19日、パラグアイの首都アスンシオンに生まれた。子供の頃からピアノを習った彼は、10歳の頃からは作曲もしていたらしい。父親は外交官だったため、1926年からアルゼンチンのブエノスアイレスに住み、ピアノや和声を本格的に学んだ。ブエノスアイレスではいくつかのタンゴを作曲していて、"Con tarjeta de cartón"、"Cuando era buena"、"Mi casita"、"Pobre pebeta"といった曲が知られている。1929年にブエノスアイレスで催されたMax Glücksmannタンゴコンテストで、モレノ・ゴンザレスが作曲したタンゴ "Margaritas" が大賞を受賞した。(このコンテストでは、有名なロベルト・フィルポ楽団が受賞作の演奏を行った。)

 1930年にパラグアイに帰国してからは、管弦楽曲、室内楽曲、ピアノ曲などを本格的に作り始める。1938年頃には奨学金を得て、ブラジルに留学している。

 1940年には、パラグアイ文芸クラブ (Ateneo paraguayo) の音楽部長に就任し、ピアノや作曲を教えた。また1964年に創立されたアスンシオン市立音楽院の院長を務めた。

 1983年1月30日または31日、アスンシオンで亡くなった。

 モレノ・ゴンザレスの作品は、管弦楽曲では、"Poema sinfónico" (1944)、ピアノと管弦楽のための "Movimiento de concierto para piano" (1946)、合唱と管弦楽のための "Paraguay ko'ë" (1946) などがある。室内楽曲では、ヴァイオリンソナタ (1935)、弦楽四重奏曲 (1944)、ピアノトリオ (1946)を作曲した。彼は、パラグアイの昔話などを元にしたテキストで、「パラグアイ・サルスエラ」と呼ばれる新たなジャンルの劇場作品をいくつか作っていて、"La tejedora de ñandutí" (1956)、"Korochire" (1957または1958)、"María Pacurí" (1958または1959)、"Las alegres kygua vera" (1961)、"Paloma parã" (1964) がある。その他、歌曲も多数作ったらしい。

 モレノ・ゴンザレスのピアノ曲は以下に記した通りですが、何せ資料の乏しいパラグアイのこと、本当はもっとピアノ曲があるのかも知れません。"Tres piezas para piano"、"Juguete"、"Balada en Mi Bemol" はヨーロッパのロマン派風で、いい作品ではあるがあまり個性的とは言えないかな。モレノ・ゴンザレスの個性が光るのはやはり、パラグアイ民謡を元に作曲した "Tres Aires Paraguayos" と "Danzas, Motivos del folklore paraguayos" で、パラグアイの素朴な田舎の光景と、アルパの響きが聴こえてくるような素敵な音楽です。

 

Juan Carlos Moreno Gonzálezのピアノ曲リストとその解説

1935

1937

1942 or 1943

1945

1946

1948

1973(または1964)

作曲年不詳

 

Juan Carlos Moreno Gonzálezのピアノ曲楽譜

FONDEC (Fondo Nacional de la Cultura y las Artes, Paraguay)

  • Primeros Compositores Paraguayos del Siglo XX, Obras para piano editadas y recopiladas por Marta Geymayr
    • Tres Aires Paraguayos
    • Motivos del Folklore paraguayos
      • Danza Nº 1
      • Danza Nº 2
    • Balada en Mi Bemol
    • Juguete
    • Scherzo sobre la sonrisa de un niño
    • El canto del artista
    • Nocturno de primavera

 

Juan Carlos Moreno Gonzálezのピアノ曲CD

星の数は、は是非お薦めのCD、は興味を持たれた人にはお薦めのCD、はどうしてもという人にお薦めのCDです。

Primeros compositores paraguayos del Siglo XX
FONDEC (Fondo Nacional de la Cultura y las Artes, Paraguay)

  • Tres Aires Paraguayos (Juan Carlos Moreno González)
  • Juguete (Juan Carlos Moreno González)
  • Danza Nº 1 (Juan Carlos Moreno González)
  • Danza Nº 2 (Juan Carlos Moreno González)
  • Confesión (Página de Álbum) (Agustín Barrios)
  • Danza Paraguaya (Agustín Barrios)
  • Scherzo sobre la sonrisa de un niño (Juan Carlos Moreno Gonzáles)
  • El canto del artista (Juan Carlos Moreno González)
  • Nocturno de primavera (Juan Carlos Moreno González)
  • Balada en Mi b (Juan Carlos Moreno González)
  • Suite Guaraní - En Piragua (Juan Max Boettner)
  • Suite Guaraní - Avá Guatá (Juan Max Boettner)
  • Suite Guaraní - Nostalgia Guaraní (Juan Max Boettner)
  • Mbaraka-í (Remberto Giménez)
  • Tristezas de la soledad (Luis Cáceres Carísimo)
  • Reminiscencias (Luis Cáceres Carísimo)
  • Página de álbum (Luis Cáceres Carísimo)
  • El canto de mi selva (Herminio Giménez)
  • Cholí Kîrë-î (José Asunción Flores)
  • El tren lechero - Polca (Félix Pérez Cardozo)

Marta Geymayr (pf)

 上述の楽譜と共に、2002年に録音され、FONDEC(パラグアイ国立文化芸術基金)よりリリースされたCD。殆どの曲が貴重な録音だ。ちなみに、Agustín Barrios (1885-1944) はギター作品では世界的にも有名な作曲家で、このCDに収録されているBarriosの作品2曲も元はギター曲でピアノ編曲されたもの。Herminio Giménez (1905-1991) 作曲の "El canto de mi selva" は原曲は管弦楽曲で、このCDの演奏は作曲家自身によるピアノ編曲版。また、Félix Pérez Cardozo (1908-1952)はパラグアイの代表的なアルパ奏者・作曲家で、"El tren lechero(牛乳列車)"は彼の代表的なアルパ曲で、このCDの演奏はピアノ編曲されたもの。

 

PARAGUAY SIGLO XX - el piano
Sociedad Filarmónica de Asunción

Susana Elizeche de Codas (pf), Victoria Alfaro (pf), Luisa de Bartolozzi (pf), José Luis Miranda (pf), María Luisa Báez Vergara de Ros (pf), Marta Geymayr (pf), Lilian Díaz (pf)

 

Compositores Latino-Americanos 5
BBCD 02

  • Tierra linda (Carlos Guastavino)
  • Bailecito (Carlos Guastavino)
  • Suite Mirim (Camargo Guarnieri)
  • Tres Aires Paraguayos (Juan Carlos Moreno González)
  • Suite Rioplatense - Milonga (Jaures Lamarque-Pons)
  • Barcarolla (Rodolfo Coelho de Souza)
  • Mini Suite das Três Máquinas (Alyton Escobar)
  • Las doradas manzanas del sol (Eduardo Bértola)
  • Tres piezas para piano (Héctor Tosar)
  • Modelagem II (Edson S. Zampronha)

Beatriz Balzi (pf)

 1997年のリリース。