João Nunesのページ

João Nunesについて

 João Sebastião Rodrigues Nunes(ジョアン・セバスチアン・ロドリゲス・ヌネス)は1877年1月20日、ブラジル北東部のマラニョン州の州都サン・ルイスに生まれた。子どもの頃にまずヴァイオリンを習い始め、次にピアノを姉から習った。11歳の時に彼の母が亡くなり、更に14歳の時に父が亡くなった。両親のいないヌネスは働くことになり、郵便局に勤めた。彼は働きながらピアノの練習を続け、演奏会に時々出演していた。

 1902年にはリオデジャネイロに出てAlfredo Bevilacquaにピアノを師事。1904年にはリオデジャネイロの国立音楽学校 (Instituto Nacional de Música) のピアノコンクールに出場して一等賞の金メダルを得た。これによりヌネスはマラニョン州政府より奨学金を得て、1905年にフランスに留学。パリで(おそらく)ピアノと作曲を学んだ。

 1906年にブラジルに帰国すると、サン・ルイスの師範学校(翌年にはマラニョン州立音楽学校になる)の教授を1911年まで務めた。またピアニストとしても活躍しており、1906年12月のリサイタルではベートーヴェンのピアノソナタ「熱情」、ショパンの練習曲集やスケルツォ第2番などを演奏している。

 1912年頃にはリオデジャネイロに移り、国立音楽学校で長年に亘ってピアノを教えた。また楽譜校訂者として、楽譜出版社Casa Arthur Napoleãoより「教程本 (Edição Escolar)」と題して内外の作曲者のピアノ曲三百曲以上を6段階の難度別に分類して出版した。また音楽評論家として数々の雑誌に記事を投稿した。また1941年には「チェンバロからピアノへ (Do cravo ao piano)」という本を上梓し、その本の中で特に装飾音について詳しく考察している。

 1951年8月18日にリオデジャネイロで亡くなった。

 ヌネスの作品には、オラトリオ "O Mártir do Calvário" およびいくつかの歌曲がある以外はピアノ曲である。"Barcarola" や "Pièces drôles" はドビュッシーの影響の強く、後者は中々の精緻な作曲技法のピアノ曲である。また国立音楽学校で長年教鞭を執り、教育的な楽譜の校訂に携わるなど、ピアノ教育者として活躍した中〜後期は、初心者のための教本的なピアノ曲を多く作っている。

 

João Nunesのピアノ曲リストとその解説
 斜字は出版がなく、かつ手稿譜が現存せず、どんな曲だか不明な作品です。

 

João Nunesのピアノ曲楽譜

Carlos Wehrs

  • 4 peças fáceis N.º 1 - História muito antiga
  • 4 peças fáceis N.º 2 - São horas de dormir
  • 4 peças fáceis N.º 3 - As duas amiguinhas
  • 4 peças fáceis N.º 4 - Ouvindo a serenata
  • Marionnettes

Casa Arthur Napoleão

  • Caixinha de música
  • La vie des abeilles (En lisant Maeterlinck)
  • Les harmonies de la cathédrale (En lisant Victor Hugo)
  • Parque de diversões, Seis miniaturas N.º 1 - Montanha russa
  • Parque de diversões, Seis miniaturas N.º 2 - Os dois anões
  • Parque de diversões, Seis miniaturas N.º 3 - Carrocel
  • Parque de diversões, Seis miniaturas N.º 4 - A casa maluca
  • Parque de diversões, Seis miniaturas N.º 5 - O chicote
  • Parque de diversões, Seis miniaturas N.º 6 - Despedida
  • Peças infantis N.º 1 - A boneca desprezada
  • Peças infantis N.º 2 - Marcha das formiguinhas
  • Peças infantis N.º 3 - Quando eu era pequenino...
  • Pièces drôles N.º 1 - Sérénade de clowns
  • Pièces drôles N.º 2 - Parfum qui s'envole, N.º 3 - Marche espiègle
  • Pièces drôles N.º 4 - Morbidezza, Valse lente
  • Pièces drôles N.º 5 - Les plaintes d'Arlequin

Editora Arthur Napoleão

  • Os três meninos (completo)
  • Peças infantis N.º 4 - Soldadinhos da cabeça de papel
  • Peças infantis N.º 5 - Ingenuidade
  • Peças infantis N.º 6 - Tanguinho

斜字は絶版と思われる楽譜

 

João Nunesのピアノ曲CD

星の数は、は是非お薦めのCD、は興味を持たれた人にはお薦めのCD、はどうしてもという人にお薦めのCDです。

Zezé Cassas interpreta João Nunes

Zezé Cassas (pf)

 

O Piano de Norte a Sul (LP)
Sociedade Cultural e Artistica Uirapuru, LPU-1012

Arnaldo Rebello (pf)

 

João Nunesに関する参考文献