Celestino Piaggioのページ

Celestino Piaggioについて

 Celestino Piaggio(セレスティノ・ピアジオ)は1886年12月20日に、アルゼンチン東部のエントレ・リオス州コンコルディアに生まれた。父Victor Piaggioは指揮者・ピアノ・ヴァイオリン教師で、ピアジオは子どもの頃より父からピアノとヴァイオリンを習った。1900年に父がブエノスアイレスにピアジオ音楽院を創立したのに伴い、一家はブエノスアイレスに転居。ピアジオはブエノスアイレス音楽院に入学し、フリアン・アギーレやアルベルト・ウィリアムスにピアノや作曲を師事した。学生の頃からいくつもの賞を獲り、1908年にはヨーロッパ留学の奨学金が授与される "Gran Premio Europa" を受賞した。

 ピアジオはフランスに留学し、パリのスコラ・カントルムで作曲家のヴァンサン・ダンディらに師事した。1914年に休暇で旅行したルーマニアへ滞在中に第一次世界大戦が勃発したため、ピアジオはフランスへ戻れず、5年間に亘ってルーマニアに留まった。"Gran Premio Europa" の奨学金も断たれてしまったが、ブカレストでピアニストやピアノ教師をして生計を立てた。1919年にパリへ戻るとスコラ・カントルムに復学し、更に1920年はドイツのライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団でアルトゥール・ニキシュに指揮を師事した。

 1921年にピアジオはアルゼンチンに帰国。ブエノスアイレス音楽院の教授に就任し、亡くなるまでその職を続けた。また1922年にはブエノスアイレス・シンフォニー協会管弦楽団を設立に参加し、指揮者として活躍した。

 1931年10月26日にブエノスアイレスで亡くなった。

 ピアジオの作品は、管弦楽曲では序奏曲ハ短調 (1913-1914)、交響曲 (1915) などがある。歌曲では "Trois mélodies" (1907)、"Stella matutina" (1918) などがある。ピアジオのピアノ曲の録音は、「ソナタ」と「フリアン・アギーレを讃えて」の2曲しか入手できていないのですが、「ソナタ」を聴くとヨーロッパ・ロマン派作曲家の一員になりきった彼の姿が見えてくるような気がします。

 

Celestino Piaggioのピアノ曲リストとその解説

1901

1902

1904

1905

1912-1913

1915

1925

 

Celestino Piaggioのピアノ曲楽譜

Edición de la Sociedad Nacional de Música

Impr. A.Grau. Buenos Aires

Gurina y Cia.

斜字は絶版の楽譜

 

Celestino Piaggioのピアノ曲CD・LP

星の数は、は是非お薦めのCD、は興味を持たれた人にはお薦めのCD、はどうしてもという人にお薦めのCDです。

Grandes Sonatas Argentinas para piano
Cosentino, IRCO 293

  • Sonata en do sostenido menor (José Torre Bertucci)
  • Sonata en do sostenido menor (Celestino Piaggio)
  • Homenaje a Julián Aguirre (Celestino Piaggio)

Alfredo Corral (pf)

 

Obras para piano de E. Drangosch, C. Piaggio, M. Gómez Carrillo
CD Tradition, TR050513

  • Seis Estudios de Concierto, opus 14 (Ernesto Drangosch)
  • Sonata en do sostenido menor (Celestino Piaggio)
  • Homenaje a Julián Aguirre (Celestino Piaggio)
  • Rapsodia santiagüeña (Manuel Gómez Carrillo)
  • Fiesta criolla (Manuel Gómez Carrillo)
  • El mistolero (Manuel Gómez Carrillo)
  • La huahua (Manuel Gómez Carrillo)
  • Danza del cuervo (Manuel Gómez Carrillo)

Elsa Piaggio (pf), Inés Gómez Carrillo (pf)

 

La Sonata Argentina
Cosentino, IRCO 260

  • Sonata, en do sostenido menor (Celestino Piaggio)
  • Sonata (Carlos Suffern)
  • Cuarta Sonata (Roberto García Morillo)
  • Sonatina porteña op. 28 (Gunter Parpart)
  • Sonata (Irma Urteaga)

Valentín Surif (pf)