Francisco Pulgar Vidalのページ

Francisco Pulgar Vidalについて

 Francisco Bernardo Pulgar Vidal(フランシスコ・ベルナルド・プルガル・ビダル)は1929年3月12日、ペルー中部のワヌコに生まれた。子どもの頃よりピアノやヴァイオリンを習い、20歳でリマの国立音楽院に入学し、ファゴットを習った。1951年よりしばらくアンドレス・サスにも作曲を師事した。

 1954年には「弦楽四重奏曲第1番」でドゥンケル・ラバージェ国家賞を受賞した。1957年にはコロンビアを訪れ、Roberto Pineda Duqueに対位法や十二音技法を学んだ。1958年には「ピアノソナタ」で再びドゥンケル・ラバージェ国家賞を受賞。1971年にはカンタータ "Apu Inqa" でペルー独立百五十周年記念作曲賞を受賞した。

 2012年1月17日に亡くなった。

 プルガル・ビダルの作品を記すと、管弦楽曲では、弦楽オーケストラのための "Suite mística" (1956)、交響曲第1番 "Chulpas" (1968)、交響曲第2番 "Barroco Criollo" (1978)、ナスカ交響曲 (1997) などがある。協奏曲ではヴァイオリン協奏曲 (1991)、ピアノ協奏曲 (1992) がある。室内楽曲では弦楽四重奏曲第1番 (1953)、弦楽四重奏曲第2番 (1955)、ヴァイオリンとピアノのための "Detenimientos" (1967)、弦楽四重奏曲第3番 (1983) などがある。合唱曲では、アカペラ混声合唱のための "Tres Poemas Liíricos" (1955)、"Los Jircas" (1966)、"11 Piezas Corales" (1968)、カンタータ "Apu Inqa" (1970) などがある。また、晩年に作曲されたギター曲 "Despedia recordando a un adios" (2010) は、日本人ギタリスト笹久保伸氏が初演している。

 プルガル・ビダルのピアノ曲は、現代音楽家らしい音使いと、ペルーの民族音楽ー特にペルー先住民の音楽ーの影響が渾然とした響きである。我々にはちょっと馴染みのないその響きは彼独特の作曲技法なのだが、それが何百年前からのペルー伝統音楽の響きにも思えてしまうところが面白い。

 

Francisco Pulgar Vidalのピアノ曲リストとその解説

1951

1952

1955

1956

1958

1960

1961

1972

1974

1978

1985

1998

2010

 

Francisco Pulgar Vidalのピアノ曲楽譜

Edición Anacrusa

  • Taki Nº 1, Piezas para piano Op. 13
  • Tres movimientos obstinados

Ediciones Nueva Música

Edición del autor

  • Sonatina chuscada

斜字は絶版と思われる楽譜

 

Francisco Pulgar Vidalのピアノ曲CD・LP

星の数は、は是非お薦めのCD、は興味を持たれた人にはお薦めのCD、はどうしてもという人にお薦めのCDです。

Peruanische Klaviermusik
Ahl-Classics, AC-45798-2

  • Tres Estampas de Arequipa (Roberto Carpio)
  • Payaso (Roberto Carpio)
  • Sonatina Chuscada (Francisco Pulgar Vidal)
  • Pregón Y Danza (Enrique Iturriaga)
  • Cuatro Poemas (Consuelo Leví de Stubbs)
  • Bosquejos Peruanos (Consuelo Leví de Stubbs)
  • Rapsodia (Triste y Tondero) (Luis Antonio Meza)
  • Marinera de Concierto (Rosa M. Ayarza de Morales)
  • Melgar (Benigno Ballón Farfán)

César Gustavo la Cruz (pf)

 1999年のリリース。

 

Recital Iberoamericano De Piano

Elsa Pulgar-Vidal (pf)

 このCDでは、Paco Yunqueは組曲の第1曲のみを収録。

 

PULGAR VIDAL - FIEGE - BISETTI (LP)

Elsa Pulgar Vidal (pf), Juan Román (Cajón), Ewald Hesse (pf), Juan Fiege (Violin), Rafael Prieto (pf), Aldo Rossi (pf)

 1978年のリリース。

 

Lupe Parrondo y un siglo de música Peruana (LP)
Virrey, VIR-818

Lupe Parrondo (pf)

 

Antología de música peruana Siglo XX, Vol. II - Piano (2枚組LP)
EDUBANCO

  • Suite hospital (Roberto Carpio)*
    1. Preludio
    2. Pacientes
    3. Sor X
    4. La capilla
    5. Ronda de la muerte
    6. Ronda de veladoras y mortuorio
    7. Postludio
  • Danza mestiza (César Bolaños)*
  • Arrullo y tondero (Andrés Sas)*
  • Pequeña suite peruana (Celso Garrido Lecca)*
    1. Juego de terceras
    2. Negrito de Malambo
    3. Sicuri
    4. Quena y antara
    5. Torito de Pucará
    6. Tondero
  • Paco Yunque (Francisco Pulgar Vidal)*
    1. Paco Yunque
    2. La viajera
    3. Pedro de acero
  • Pregón y danza (Enrique Iturriaga)*
  • Quenas (Luis Dunker Lavalle)**
  • Poemas ingénuos (Alfonso de Silva)**
    1. La mañana
    2. La tarde
    3. Buenas noches
  • Variaciones sobre un tema pentafónico (Enrique Pinilla)**
  • Kachampa (Theodoro Valcárcel)**
  • Sombras y eco (Manuel Aguirre)***
  • Acuarelas infantiles (Carlos Sánchez Málaga)***
    1. Escala menor
    2. La queja
    3. Terceras
    4. Cuento del gallinero
    5. Clase de canto
  • Primera pequeña suite (Rodolfo Holzmann)***
    1. Prelude
    2. Impromptu
    3. Canon
    4. Berceuse
    5. Toccata

César Gustavo la Cruz (pf)*, Monica Cardenas Ormeño (pf)**, Lidia Hung Wong (pf)***