Oswald Russellのページ

 オスワルド・ラッセルはジャマイカ出身のピアノ曲を作った貴重な作曲家です。彼のピアノ曲《ジャマイカ舞曲集》は3曲通しても5分少々の短い曲ですが、親しみやすくて、いい曲ですよ。

Oswald Russellについて

 オスワルド・ アルフレード・ラッセル Oswald Alfred Russell は1933年8月16日、キングストンに生まれた。彼は幼い頃より神童であったらしく、5歳の時からEna Helpsにピアノや和声を師事し、11歳頃にはピアノ演奏会に出演している。また17歳の時にラジオ番組でピアノを弾いている。

 1951年に彼は奨学金を得て英国ロンドンの王立音楽アカデミーに留学し、ピアノとヴァイオリン、作曲を学んた。ロンドンでは1953年にショパンの前奏曲集に加えて、自作の《小川 The Brook》という作品を弾いたとする記録がある。その後ラッセルはフランスのパリでジャック・フェヴリエにピアノを師事、更に1959年には米国ニューヨークのジュリアード音楽院に入学してエドゥアルト・シュトイアーマンにピアノを師事した。1962年にジャマイカに一旦帰国するが、1964年よりはスイスのジュネーヴに居を構えている。1967年にはフランスのリヨンで催された第一回即興演奏国際コンクールのジャズ部門とクラシック部門で一等賞を得た。1969年には映画《古い月 Les Vieilles Lunes》の音楽を作曲し、カンヌ映画祭に出品された。1971年にジュネーヴでDanielleと結婚した。

 彼はピアニストとして活躍し、ラヴェルの《夜のガスパール》を演奏したLPとモーツァルトの《3台のピアノのための協奏曲 K. 242》を演奏したLPが残されている。またジュネーヴ音楽院教授およびジュネーヴのジャック=ダルクローズ研究所 l'Institut Jaques-Dalcroze の教授を1999年に退職するまで務めた。

 2012年7月2日にジュネーヴで亡くなった。

 ラッセルの作品には管楽アンサンブルのための《カリビアン Caraïbes》(1989)、いくつかのバレー音楽、ジュネーヴのマリオネット劇場と共同して制作したいくつかの人形劇の音楽、器楽曲がある。そして下記のピアノ曲がある位しか私も知りません。また彼の即興演奏ってどんな感じだったのだろう?。

 

Oswald Russellのピアノ曲リストとその解説

 

Oswald Russellのピアノ曲楽譜

Éditions Henn

  • Jamaican dances
  • Humoresque No. 1

Oxford University Press

 

Oswald Russellのピアノ曲CD

星の数は、は是非お薦めのCD、は興味を持たれた人にはお薦めのCD、はどうしてもという人にお薦めのCDです。

Le Grand Tour

  • La conga de medianoche (Ernesto Lecuona)
  • Pequeño preludio (Hector Campos-Parsi)
  • Danza negra (Ernesto Lecuona)
  • La guayaba (Manuel Saumell)
  • Variations on a theme by E. Clement Bethel (Cleophas R. E. Adderley)
  • Feuillet d'Album No. 1 (Ludovic Lamothe)
  • 3 Jamaican Dances (Oswald Russell)
  • Guadalquivir (Ernesto Lecuona)
  • Nostalgia (Wim Statius Muller)
  • Nibo (Ludovic Lamothe)
  • Evenin' time (arr. Paul Shaw)
  • Improvisations on Jackass a Jump and Bray (Paulette Bellamy)
  • Kalin (Wim Statius Muller)
  • Malagueña (Ernesto Lecuona)

Paul Shaw (pf)

 1999年の録音。

 

Senku
MSR Classics, MS 1054

William Chapman Nyaho (pf)