Ramón Serratosのページ

Ramón Serratosについて

 ラモン・セラートス・アギーレ Ramón Serratos Aguirre は1895年9月13日、メキシコ中東部のナヤリット州コンポステラに生まれた。12歳の頃には地元コンポステラの教会のオルガニストを務め、15歳の頃からはパリ留学より帰国していたホセ・ロロンにピアノや作曲を師事した。1915年にはグアダラハラの劇場でピアニストとしてデビューリサイタルを行っている。1919年にはセラートス音楽アカデミー Academia de Música Serratos を主宰し、多くの弟子を育てた。1921年から1927年までは米国に住み、ヨゼフ・レヴィーンにピアノを師事した。1927年に弟子のAurora Garibay Heatley (1903-1976) と結婚し、夫婦でピアノデュオ活動も行った。また二人の娘Aurora Serratos Garibay (1927-2014) もピアニストとして活躍した。

 それからは主に彼はピアニストとして活躍。教育者としても1948年にメキシコ国立自治大学音楽学部のピアノ科教授に就任し、1954年から1957年まで同学部の学部長を務めた。

 1953年にハリスコ州政府はホセ・クレメンテ・オロスコ勲章 Condecoración "José Clemente Orozco" をセラートスに授与した。

 1973年6月18日、メキシコシティで死去。

 ラモン・セラートスは下記に紹介するピアノ曲以外にも、連弾曲、歌曲などを作曲した。彼のピアノ曲を聴くと、和声は20世紀に活動した人にしては保守的だが、左手のベースに六度や十度を重ねたり、伴奏の音形に短二度の経過音を伴うアルペジオを多用したりとかが豊潤な和声の響きを作っていて、聴いていて心が和むような作品が多いです。

 

Ramón Serratosのピアノ曲リストとその解説

 情報の殆どない作曲家ですので、各作品の作曲年も不詳です。"Homenaje a Ramón Serratos" のCDに収録されている順に紹介します。

 

Ramón Serratosのピアノ曲楽譜

 ラモン・セラートスのピアノ曲は殆どが未出版らしく、私も全然持っていません。メキシコ国立自治大学音楽学部の図書館にも行きましたが、彼のピアノ曲の楽譜はありませんでした。Wanted!!!です。

 

Ramón Serratosのピアノ曲CD

星の数は、は是非お薦めのCD、は興味を持たれた人にはお薦めのCD、はどうしてもという人にお薦めのCDです。

Homenaje a Ramón Serratos
Quindecim Recordings, QP007

  • Nocturno
  • Idilio
  • Capricho
  • Hilanderas
  • Bagatela
  • Vals en Fa sostenido mayor
  • Vals en Sol mayor
  • Estudio de terceras
  • Estudio de octavas
  • Berceuse
  • Preludio en la menor
  • Barcarola
  • Danza
  • Ncturno en Mi bemol
  • Variaciones sobre "A la orilla de un palmar"

Arturo Uruchurtu (pf)

 1996年の録音。丸々ラモン・セラートスという貴重なCD。

 

Música Mexicana para Piano Vol.2
Raduga, NTM-002

Gustavo Rivero Weber (pf)

 1993年の録音。

 

Impresiones Latinoamericanas
Quindecim Recordings, QP01146

  • Ternura (Mario Ruiz Armengol)
  • Por qué será (Mario Ruiz Armengol)
  • Danza cubana #13 "Triste Amor" (Mario Ruiz Armengol)
  • Tres piezas del Guía práctico - A mare encheu, O ciranda, o cirandinha, Constante (Heitor Villa-Lobos)
  • Impressoes seresteiras (Heitor Villa-Lobos)
  • Por tí mi corazón (Manuel M. Ponce)
  • Barcarola (Alfonso de Elías)
  • Ya sin tu amor (Manuel M. Ponce)
  • Nocturno (Ramón Serratos)
  • Tres danzas cubanas - Invitación, El velorio, Los tres golpes (Ignacio Cervantes)
  • Danza de los ñañigos (Ernesto Lecuona)
  • Gitanerías (Ernesto Lecuona)
  • La comparsa (Ernesto Lecuona)
  • Malagueña (Ernesto Lecuona)
  • Bailecito* (Carlos Guastavino)
  • Tres danzas cubanas* - La camagueyana, Los delirios de Rosita, Los muñecos (Ignacio Cervantes)

Gustavo Rivero Weber (pf), Natasha Tarasova (pf)*

 2000年の録音。

 

Canciones de las Americas
Hungaroton, HCD 32044

Maria Teresa Uribe (soprano), Balázs Szokolay (pf)

 2002年のリリース。歌曲(女声とピアノ)のCDだが、セラートスのワルツ(ト長調)のみピアノ独奏。随分と威勢の良い演奏だが、これはこれで面白いかな。