Theodoro Valcárcelのページ

Theodoro Valcárcelについて

 Theodoro Valcárcel Caballero(テオドロ・バルカルセル・カバジェロ)は1896年10月23日、ティティカカ湖畔の町プーノに生まれた。(以前は彼の生年は1900年とされていたが、最近発見されたプーノ市の出生証明書により1896年が正しいことが判明した。)5歳の時からピアノを母より習い、11歳でピアノリサイタルを行い、アレキパでドゥンカー・ラバージェに師事。1914年、17歳でヨーロッパに留学し、イタリアのミラノ音楽院やスペインで学んだ。第一次世界大戦中はイタリアで監視兵として前線にも出ていたとのこと。1920年にペルーに帰国後はピアニストとしてペルー国内やボリビアで活躍した。1928年にはピアニストのAlicia Cárdenas Garcíaと結婚。1929年にはスペインのセビリアで開かれた万国博覧会にペルー代表として訪問し、スペイン国王アルフォンソ13世の前で御前演奏を行った。その後1930年までヨーロッパに留まり、フランス、ドイツ、オーストリアを演奏旅行した。1930年4月30日にパリのサラ・プレイエルで行われた演奏会は、全曲バルカルセルの作品によるプログラムであった。1942年3月20日、首都リマにて没。

 バルカルセルの作品は、1929年のセビリア万国博覧会で初演された "Suite Sinfónica(交響的組曲)" とバレー曲 "Cori Kancha" (1928)、未完のオペラ "K'Antuta"、ロドルフォ・ホルツマンによりオーケストレーションされたバレー組曲 "Suray-Surita" (1939)と交響詩 "En las Ruinas del Tempo del Sol" (1940)、ヴァイオリン協奏曲 "Partita" (1940)、ヴァイオリンとピアノのための "Suite autóctona" などがある。歌曲も多く、"Treinta cantos de alma vernacular"(この歌曲集ではスペイン語以外にも、ケチュア語、アイマラ語、ユンカ語などの詞の歌曲が数曲づつある)、"Tahwa Inka'j Tak'y-nam (Cuatro Canciones Incaicas)" (1930)、"Romances de Costa y Sierra Peruana" が代表作。

 バルカルセルのピアノ曲は、少ない音ながらその絶妙な音使いが見事で、またインカ帝国時代に思いを馳せるような趣深い、ペルー民族主義音楽を代表する作曲家と呼ぶに相応しい質の高い作品揃いである。

 

Theodoro Valcárcelのピアノ曲リストとその解説

 

Theodoro Valcárcelのピアノ曲楽譜

Peermusic

  • Danza del combate (Kachampa)
     ウルグアイのEditorial Cooperativa Interamericana de Compositoresという出版社が1944年に出版した楽譜で、現在Peermusicより販売。

Editorial San Marcos

 

Theodoro Valcárcelのピアノ曲CD・LP

星の数は、は是非お薦めのCD、は興味を持たれた人にはお薦めのCD、はどうしてもという人にお薦めのCDです。

MÚSICA CLÁSICA PERUANA: THEODORO VALCÁRCEL
ALMA MUSIK, AMCD 600103

  • Cuatro piezas Inkaicas
  • Estampas peruanas
    • Bailan los llameros (Danza lenta)
    • Ritual y danza
    • Danza del hechicero
    • Los balseros
    • El cortejo nupcial
    • Danza imperial
    • Canto de la cosecha
    • Ayarache (Aire de difuntos)

Alberto Ureta (pf)

 1995年の録音。バルカルセルの作品に限らず、ペルーのピアノ曲については他には録音も少なく、このMúsica Clasica Peruanaのシリーズの独壇場だ。ピアニストのAlberto Uretaは作曲家でもあるとのこと。このシリーズの作品は、出版もされていない作曲者の読みにくい自筆譜草稿を発掘して音にしていくという作業もあったであろう。そういった点からは、作曲の心得もあるAlberto Ureta氏には適任ーと言いたい所だが、バルカルセルの作品の場合、楽譜と彼の演奏はかなり異なっていて、彼としては自分の気に入ったように編曲したのであろうが、バルカルセルの繊細な音使い(対旋律の半音階進行とか絶妙な不協和音とか)が多くの箇所で省かれてしまっていて残念。

 

MÚSICA CLÁSICA PERUANA: EL MODERNISMO
ALMA MUSIK, AMCD 600102

  • Suite para piano (Roberto Carpio)
  • Diez piezas para piano (Alfonso de Silva)
  • Danza del combate (Theodoro Valcárcel)
  • Acuarelas infantiles (Carlos Sánchez Málaga)
  • Pequeña suite peruana para piano (Rodolfo Holzmann)

Alberto Ureta (pf)

 1995年の録音。Danza del combateでも随分楽譜と違うことを弾いている‥‥。

 

Lupe Parrondo y un siglo de música Peruana (LP)
Virrey, VIR-818

Lupe Parrondo (pf)

 

Antología de música peruana Siglo XX, Vol. II - Piano (2枚組LP)
EDUBANCO

  • Suite hospital (Roberto Carpio)*
    1. Preludio
    2. Pacientes
    3. Sor X
    4. La capilla
    5. Ronda de la muerte
    6. Ronda de veladoras y mortuorio
    7. Postludio
  • Danza mestiza (César Bolaños)*
  • Arrullo y tondero (Andrés Sas)*
  • Pequeña suite peruana (Celso Garrido Lecca)*
    1. Juego de terceras
    2. Negrito de Malambo
    3. Sicuri
    4. Quena y antara
    5. Torito de Pucará
    6. Tondero
  • Paco Yunque (Francisco Pulgar Vidal)*
    1. Paco Yunque
    2. La viajera
    3. Pedro de acero
  • Pregón y danza (Enrique Iturriaga)*
  • Quenas (Luis Dunker Lavalle)**
  • Poemas ingénuos (Alfonso de Silva)**
    1. La mañana
    2. La tarde
    3. Buenas noches
  • Variaciones sobre un tema pentafónico (Enrique Pinilla)**
  • Kachampa (Theodoro Valcárcel)**
  • Sombras y eco (Manuel Aguirre)***
  • Acuarelas infantiles (Carlos Sánchez Málaga)***
    1. Escala menor
    2. La queja
    3. Terceras
    4. Cuento del gallinero
    5. Clase de canto
  • Primera pequeña suite (Rodolfo Holzmann)***
    1. Prelude
    2. Impromptu
    3. Canon
    4. Berceuse
    5. Toccata

César Gustavo la Cruz (pf)*, Monica Cardenas Ormeño (pf)**, Lidia Hung Wong (pf)***