Eduardo Soutoのページ

Eduardo Soutoについて

 Eduardo Souto(エドゥアルド・ソウト)は1882年4月14日、サンパウロ州南部のサントス市(または隣町のサン・ヴィセンテ市)に生まれた。ソウトは子供の頃よりピアノを習い、一家が11歳でリオデジャネイロに移住してからは本格的にピアノのレッスンを受け、14歳の時にはワルツ "Amorosa" を作曲している。一時、工学部で学ぶも学資が続かず、20歳から35歳まで銀行員を勤めた。

 1919年、"O despertar da montanha" を作曲し、これが大ヒット。作曲家として一躍有名になった。また1920年には "Pois não" がカーニバルの音楽として流行した。同年、ブラジルを訪問したベルギー国王のレセプションでは音楽を担当した。その後は指揮者、合唱団 "Coral Brasileiro" の創立、楽器店 "Casa Gomes" の経営者として活躍した。("Casa Gomes" ではあのエルネスト・ナザレがピアノ弾きとして働いた。)また、自らが率いる "Grupo Eduardo Souto" という楽団で、当時始まったばかりのレコード録音を行った。

 しかし1932年以降は音楽活動を辞め、再び銀行員として1940年まで働いたとのこと。

 1942年8月18日、リオデジャネイロで死去。

 エドゥアルド・ソウトは三百〜四百曲を曲を作ったとされている。カーニバル音楽、ポピュラーソングなど多数あり。有名なボタフォゴ・サッカークラブの歌も作曲している。彼は下に記した通り歌曲とピアノ曲を多数作ったが、親しみやすい旋律により、ピアノ曲として作られていても後に歌詞が付けられているケースもある。同時期に活躍したゼキーニャ・ジ・アブレウやシキーニャ・ゴンザーガ同様、その作品がピアノ曲なのか歌曲なのか、クラシックなのかポピュラーなのかハッキリしない所が、ブラジル音楽のジャンルの垣根が低いことを示しているようで、そこがブラジル音楽のいいとこなんですよね。

 

Eduardo Soutoのピアノ曲(および歌詞付きの曲)リストとその解説

 

Eduardo Soutoのピアノ曲楽譜

全音楽譜出版社

Irmãos Vitale

  • O melhor da música popular brasileira Vol. II
    • O despertar da montanha

Editora Lítero-Musical Tupy

  • Evocação (Valsa lenta)
  • Tristeza (Valsa, estylo genuínamente brazileiro)

 

Eduardo Soutoのピアノ曲CD・LP

星の数は、は是非お薦めのCD、は興味を持たれた人にはお薦めのCD、はどうしてもという人にお薦めのCDです。

O Despertar da Montanha
UNICD 3073

  • O despertar da montanha
  • Hino a João Pessoa
  • Tatú suboiu no pau
  • Do sorriso da mulher nasceram as flores
  • Um baile em Catumbí
  • A despedida
  • George Walsh
  • Sublime provação
  • Nuvens
  • O puladinho
  • Inverno
  • A ternura do mar
  • Um chôro na Praia Grande
  • Sugestões de um sorriso
  • O despertar de um sonho

Eudóxia de Barros (pf)

 1969年にLPで発売されたアルバムのCDへの復刻。全曲エドゥアルド・ソウトの貴重なCDだ。

 

Música de Eduardo Souto na interpretação do pianista Mário de Azevedo (LP)
Sinter, SLP-1012

Mário de Azevedo (pf)

 1954年リリースのLP。ピアニストのマリオ・ジ・アゼヴェードはこのLPや下記のLP以外にも、1940年代にいくつものSPにエドゥアルド・ソウトのピアノ曲を録音している。

 

Música de Eduardo Souto na interpretação do Mário de Azevedo (LP)
Sinter, SLP-1759

Mário de Azevedo (pf)

 1959年リリースのLP。

 

Nelson Souto interpreta Eduardo Souto (LP)
FESTA Discos

  • Despertar da montanha
  • Inverno
  • Saudade
  • Do sorriso da mulher, nasceram as flôres
  • Evocação
  • Viver... morrer... por um amor...
  • Parati dançante
  • Não sei dizer
  • Só teu amor
  • Gegê
  • Tatú subiu no pau
  • Batucada

Nelson Souto (pf) e conjunto

 ピアニストのネルトン・ソウトは、エドゥアルド・ソウトの息子である。このLPは1958年の録音。

 

Clara Sverner interpreta Eduardo Souto (LP)
EMI-Angel, 064 422910

  • O despertar da montanha
  • Carinhosa
  • Paraty-dançante
  • Visão do pierrot
  • Isto é bom
  • O pranto do fadista
  • Não mexa comigo, seu Honorato
  • Do sorriso da mulher nasceram as flores
  • O puladinho
  • Saudade da cachopa
  • Tristeza
  • Viradinho
  • Outono
  • No mundo da lua

Clara Sverner (pf)

 1982年のリリース。

 

O PIANO BRASILEIRO DE ARTHUR MOREIRA LIMA VOL. II: Com licença
Tom Brasil, TBAM 002

  • O Despertar da Montanha (Eduardo Souto)
  • Flor Amorosa (Joaquim Callado)
  • La Brésilienne (Henrique A. de Mesquita)
  • Fandangoso (Laércio de Freitas)
  • Gaúcho (Chiquinha Gonzaga)
  • Mão Esquerda (Paulo Moura)
  • Subindo ao Céu (Aristides Borges)
  • O Cabo Pitanga (Laércio de Freitas)
  • Seresta Sertaneza (Elomar)
  • Chuva Morna (Heraldo do Monte)
  • Choro de Mãe (Wagner Tiso)
  • Lamento (Pixinguinha)
  • Fantasia do Ar (Omar Fontana)

Arthur Moreira Lima (pf)

 1978、1980、1981、1992、1994年の録音。

 

アルマ・ブラジレイラ~ブラジルの魂〜ショーロ&タンゴ集
Sylphide Records, D00EM08231

  • エンリキ・アルヴィス・ヂ・メスキータ:バトゥーキ Batuque (Henrique Alves de Mesquita)
  • シキーニャ・ゴンザーガ:ガウーショ Gaúcho (Chiquinha Gonzaga)
  • エドゥアルド・ソウト:山の夜明け O despertar da montanha (Eduardo Souto)
  • エルネスト・ナザレ:テネブローゾ: Tenebrozo (Ernesto Nazareth)
  • エルネスト・ナザレ:オデオン Odeon (Ernesto Nazareth)
  • エルネスト・ナザレ:カリオカ Carioca (Ernesto Nazareth)
  • ピシンギーニャ (竹内永和:編曲):カリニョーゾ Carinhoso (Pixinguinha, Noriyasu Takeuchi: Arrange)*
  • エイトル・ヴィラ=ロボス:ショーロス第5番〈ブラジルの魂〉 Choros No.5 "Alma brasileira" (Heitor Villa=Lobos)
  • エルネスト・ナザレ:ブレジェイロ Brejeiro (Ernesto Nazareth)
  • エルネスト・ナザレ:フォン-フォン Fon-fon (Ernesto Nazareth)
  • エルネスト・ナザレ:プランジェンチ Plangente (Ernesto Nazareth)
  • ハダメス・ジタナリ:マニョザメンチ Manhosamente (Radamés Gnattali)
  • ハダメス・ジタナリ:アルマ・ブラジレイラ Alma brasileira (Radamés Gnattali)
  • エイトル・ヴィラ=ロボス (竹内永和:編曲):ヴィオラの弦で Na corda da viola (Heitor Villa=Lobos, Noriyasu Takeuchi: Arrange)*
  • ゼキーニャ・ヂ・アブレウ(フランシスコ・ミニョーネ編):チコ・チコ・ノ・フバー(ピアノ2台版) Tico-tico no fubá (piano duo) (Zequinha de Abreu + Francisco Mignone)

下山静香 (pf), 竹内永和 (guitarra)*

 2021年の録音。

 

Brasileiríssimo (LP)
Alvorada, LP 2-35-404-026

Eudóxia de Barros (pf)

 1983年のリリース。

 

Os pianeiros (2LPs)
Federação Nacional de Associações Atléticas Banco do Brasil (FENAB) 114, 115

LP 1

  • Odeon (Ernesto Nazareth)*
  • Muchacha (Aurélio Cavalcanti)**
  • Maghi (Raimundo Donizetti Gondim)***
  • Mulher (Oswaldo Cardoso de Menezes)*
  • Depoimento de Augusto Vasseur
  • Pianola (Sinhô)****
  • Turuna (Ernesto Nazareth)*****
  • Subindo ao céu (Aristides Borges)**
  • Sete coroas (Sinhô)*
  • Morrer sonhando (José Garcia de Christo)***
  • Caboclinho (A. Chirol)**
  • O maxixe (Aurélio Cavalcanti)*
  • Uma farra em Campo Grande (Nonô)******

LP 2

  • Cauã (Sinhô)**
  • Sultana (Chiquinha Gonzaga)***
  • Mosquita (Tia Amélia)*******
  • Pisando em ovos (Carlos de Abreu)***
  • Do sorriso da mulher nasceram as flores (Eduardo Souto)*
  • Coração que implora (José Ribas)***
  • Tempos que se foram (Alberico de Souza)*
  • Fon-fon (Ernesto Nazareth)***
  • Lili (J. M. Azevedo Lemos)**
  • É café pequeno (José Emygdio de Castro)***
  • Alegre-se, viúva (Chiquinha Gonzaga)**
  • Nenê (Ernesto Nazareth)*****

Carolina Cardoso de Menezes (pf)*, Antônio Adolfo (pf)**, Aloysio de Alencar Pinto (pf)***, Augusto Vasseur (pf, 1957年録音)****, Ernesto Nazareth (pf, 1930年録音)*****, Nonô (pf, 1932年録音)******, Tia Amélia (pf, 1980年録音)*******

 上記に録音年の記載の無い曲は1986年の録音。一時代前までのブラジルでは、ピアノ演奏を職業とする人は「ピアニスト(ポルトガル語読みではピアニスタ)pianista」と「ピアネイロ pianeiro」の2種類があった。ピアニスト(ピアニスタ)は主にコンサートホールでクラシック音楽を演奏し、音楽院の教授をするような人を指し、一方ピアネイロは映画館の待合室、カフェ、キャバレー、ダンスパーティーなどでジャンルを問わず客の好みや要望に合わせた曲を弾き、ショーロ楽団とは即興でセッションをしていた。社会的地位はピアニスト(ピアニスタ)の方が高かったようだが、私に言わせると、ピアネイロはその場での移調や即興演奏の能力が必須で、またピアネイロはレコードが無かった時代には楽譜店に雇われ、店頭で客の求めに応じて客が購入を考えている楽譜をその場で弾く初見能力も必要であり、総合的な音楽力はピアネイロの方が上なんじゃないかな〜と思います。